Judgement

2005年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネ申ALBUM ~王道復活~

ついに、2年3ヶ月ぶりのニューシングル『Here I Am / Album Playlist』が発売されたわけですが、みなさんはいかがお過ごしですが?

神宮外苑花火大会、そしてa-nation2005(東京・神戸)に出演と、いい事尽くしですよね。肝心のハチクはどうなんだ?っていう声もあるけど(笑)

それにしても、8月10日に発売される『10th ALBUM』は凄い事になるかもしれません。1stを超えるネ申アルバムになる予感。(・∀・)イイネ!!

湧き上がって来る期待感や高揚感が、10年前の様な純粋にファンをやっていた時代を感じさせるんです。(≧∇≦)v いえぇぇぇぇいっ♪

Love Goes On 
Judgement 
Lost 
Here I am 
Asian Night 
Goodbye Now 
Feel Like the Wind 
Expectation

公式HPにて、先行試聴開始(全収録数のうち、8曲)
http://www.avexnet.or.jp/globe/
スポンサーサイト

| 未分類 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

玄関のドアを1人で開けよう

自分で読んでも引きそうな最近のブログ…
マジでやばいよね?まあ、確信犯的にやってる部分はあるけど(笑)

でもね、元小室ファミリーに対する思いは本音かな。
本当に止めて欲しいと思ったというか、絶望感すら感じたからね。



だから、そうゆ~極端な発言が問題なんだってば!!

うわぁっ!!ツッコまれた!!
つ~かおまい誰だよ!!www


とにかくそんな時は、globeの『FACE』でも聴いて落ち着こう!!
気合入るんじゃない?


FACEかぁ~主題歌となったドラマ『彼女たちの結婚』の内容とマッツィングしてて、凄くいい曲だよね。鏡に写った あなたと二人♪ってやつ!!

でも知ってる?

知らない。

まだ、何も言ってないから…(ツッコむな)

改めて聞くけど、あなたと二人って誰と誰とだか知ってる?

あぁ~他の誰かとではなく、鏡に写った自分と二人って意味でしょ?

ガーン、知ってたんだ!!

常識じゃね?

俺なんか、CDがリリースされた数年後に、会報かなんかの曲解説で知ったのに…

アホ杉。

あの頃は高校生だしね。(関係あんのか?)

そうそう、妙にはまる詩があってさ!!
この部分なんだけど。



バス停で おしゃべしている学生
明日の事は考えて もちろんいるけど
切実さは 比べようもない程明るい
あの人の胸には すぐ飛び込めない



なんかね、自分高校の時バス通学だったもので…
行きも帰りも、バス停でおしゃべり。(そのままかよ)
思い出深いですね。
高2の17歳・ピチピチのセブンティーン(氏ね)

| 未分類 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地球はこれからも廻り続けるの?

①発売2週間前だと言うのにジャケットが公開されない
②PVがないから音楽番組などで紹介されない
③音楽番組に出演する気配が感じられない
④確変を起こし、TOP3入りしても記事になる気がしない
⑤ハチクのイベントは結局なし?花火大会だけ?

もうなんか、希望が持てない事ばっか・・・


それでもわずかな可能性が残されており、新星堂のネット通販では『Here I Am / Album Playlist』の初回限定盤が売り切れ、通常盤のみの扱いに。
この勢いで、HMVやタワレコの通販サイトでも売り切れてくれるといいんだけどね。

http://www.shinseido.co.jp/cgi-bin/WebObjects/Catalog.woa/wa/detail?r=AVCG-71037


今日もネガティブキャンペーン中wwwワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

不条理なモラルに(´・д・`) 不快な歴史(´・д・`)
不機嫌な大人たち(´・д・`) 不平な子供(´・д・`)
FREEDOM(゚∀゚)ノ すべてと共に(゚∀゚)ノ
FREEDOM(゚∀゚)ノ 君と僕は廻るよ(゚∀゚)ノ(゚∀゚)ノ(゚∀゚)ノ

| 未分類 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西洋系日本人・ピアノマンの正体は小室哲哉だった!?

最近よく掲示板等で、『小室さんって西洋人とのハーフですか?』なんて言う書き込みを見るんですが、本当の所はどうなんでしょうか?

と言っても答えは簡単。純日本人であり、小室一族のルーツは福島県。


TKの祖父の出身地、福島県西白河郡中島村に『からくり時計』を寄贈、そして『ヨカッペ時計』とネーミングされた時計の楽曲を提供し、式典にも出席した事はあまりにも有名な話。(97年)

村の人口を遥かに超える、3万人ものギャラリーが集まったらしく、『小室哲哉が来なかったら、殺すぞ』とまで、関係者は言われたと聞きました。
さすがですよね。


ってゆーか、相変わらずのめちゃくちゃなブログというか、ピアノマンとか関係ないしwww



除幕式の写真
http://www5.ocn.ne.jp/~clinic/myweb/kt/komuro.htm

からくりヨカッペ時計
http://www.pref.fukushima.jp/harmony-sight/scenic_point/culture/culture.img/c1305.jpg

童里夢公園なかじま
http://www.jalan.net/kanko/SPT_107047.html

この人、捜してます
https://www.bs-i.co.jp/titleimg/03-0151.jpg

| 小室哲哉 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バーニングプロダクション

芸能界・3大勢力の一角と言われているバーニングプロダクションですが、非常に興味深い文章を発見したので、ここで紹介したいと思います。(某掲示板からの抜粋)
あ~でも芸能界の裏の事に興味がない方には、ちょっと微妙な内容かも。

芸能界3大勢力:バーニング・ジャニーズ・吉本興業


答えてあげる!小室とバーニングの関係は需要と供給の関係のもとに成り立っていたのさ。小室が曲を作ってバーニングがタイアップを獲得してきて+マスコミ対応の請負を完全に担当する。小室はバーニング系タレントが出るドラマやCMの大型タイアップを獲得でき、マスコミからバーニングに守られ、マスコミに持ち上げられ、レコード大賞まで用意してもらう。 代償としてバーニングに音楽出版権を渡す。
ちなみに小室の95年~99年頃は7割型バーニングとの仕事だよ。小室プロデュースのCDをお持ちならよくクレジットをみてみなよ。遠藤正則(小泉今日子の元マネージャーでバーニングの広報を牛耳る実力者で周防社長に小室との仕事を提案した人物)MASANORI ENDOのクレジットがあるよ。
この方式でELTやGLAYもバーニングに音楽出版を渡してるからバーニングは音楽出版部門が芸能部門より売り上げが高いんだよ。小室が吉本に逃げたのはバーニングに張り合える事務所がジャニか吉本しかなかったから。ただそれだけ。
鈴木あみが鈴木亜美としてエイベックス入りしたけどエイベックスの株主にはバーニングの周防社長もいるわけで。落としどころを松浦社長が提案したに過ぎない。亜美はバーニングの手のなかにいるよ。小室はバーニングに音楽出版という利権を牛耳られるのがつらかったんだろう。


その後は、知る人ぞ知る結末。

まあ、これは小室哲哉に限った事ではなく、全てのバー系芸能人に言える事。
逆に言えば、敵に回すと恐ろしい存在。

良くも悪くも、一連の騒動で鈴木亜美が一般人に分かりやすく教えてくれたよね。
しかし、結局バーの掌の上…

だからこそガンガレ小室哲哉。

| 小室哲哉 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

めちゃくちゃなブログ

最近というかここ1・2年、小室哲哉に関してボロクソに言う人達が多すぎて、全ての人間から嫌われてるんじゃないかという被害妄想を抱き始めちゃって!!
しかし、同業者の中で小室哲哉を評価している人や、タレントの中でglobeが好きな人を沢山知っているので、日々バランスを取っている感じ。
それでも6:4ぐらいで自虐的思考が勝ってしまうんだけど、これってもしかして小室哲哉自身のせいなのかな?『僕は旬じゃないから』、『もう一花咲かせたい』、『凋落』なんて言葉を連呼してるから…(;´Д`)


もう1つの原因は、元小室プロデュース組のせい。いや、こちらの方が強いかも。なんか知らないけど、おまいら番組で共演しても関わろうとしないぐらいの仲のくせに一緒に反小室ぶっちゃって!!
いい加減やめれぇ~反小室包囲網は。俺の大事な大事な青春時代の思い出を壊さないで下さい。売れない事より辛いです。(´・д・`) ショボーン
亜美がインディーズで復活してからずっと擁護し続け、TKと朋ちゃんに関しては中立的立場を取り、涼子やhitomiに関してはスルーして来たのに。
こんな痛いファンが存在する事なんか考えた事もないんだろうけどさ!!ヽ(゚∀゚ )ノ

なんか、TKと朋ちゃんが別れた後にバラバラに割ったCDを送りつけ、二人に裏切られたと言った人の気持ちが分かった気がする。

あと、曲紹介の時に『元カレの歌』ですと言うのも止めて!!ストレートに言い過ぎ!!司会者困らせてるし、コーラ噴いたわ。


それとは別なところで、インターネットにより芸能界(○クザな世界)やマスコミ(反日)がいかに下らないかが分かってしまった為、余計に腹が立つんだよね。敵対勢力の思惑が読めてしまうというか、特定団体の利権が見え見えで。
それでもTVっ子だし、音楽(芸能)関係は1番興味がある自分…救えねぇ(≡д≡)
ちなみに2番目は政治。どっかの国のせいで目覚めました。


エイベ松浦帝国・旧アクシブ・ブランドマネージャー・吉本のお荷物部門R&C・ヴィジョン・オスカー・アップフロント・スターダスト・バーニング・バー系・ジャニー・ワタナベ・ホリプロ・アミューズ・研音・etc.

頭の中、上記の単語でいっぱいなんですよwww
まあ、しょうがないんだけどね。親族に業界人やタレント的活動をしている人が居るし。俺もいつか、隙あらば音楽業界に乗り込もうとしているわけなので。


m9(^Д^)プギャー無理だから

あ~あ~あ~あ~(@∀@)聞こえな聞こえない

| 小室哲哉 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

朝日新聞のインタビュー

某掲示板からの抜粋ですが、レス式で今日は書いてみようかと思います。

97年の朝日新聞のインタビューで小室が、『97年の自分のプロデュース作品は、大衆に飽きられるのを防ぐために。わざとメガヒットしない曲ばかりを提供した、でも安室さんのキャンユーは、想定外だった。歌謡曲のパターンを大きく外して作ったのに』と自分の作品の露出を控えたおかげで、グレイやラルク、シャズナなどのビジュアル系が台頭することが出来た、との強気発言も。

その翌98年に安室と人気絶頂だったMAXとのスーパーモンキーズを再結成させるはずだったのに、安室ちゃんに子供が出来たからお流れに…
そして小室はバーを干されて。(2001年頃?)



>97年の自分のプロデュース作品は、大衆に飽きられるのを防ぐために。わざとメガヒットしない曲ばかりを提供した

今となっては、それが逆の方向に。メガヒットしない曲を提供した事によりライトファンが離れ、セールスが落ちた。


>でも安室さんのキャンユーは、想定外だった。歌謡曲のパターンを大きく外して作ったのに

想定外と言ってもね。月9ドラマの主題歌で、あれだけのプロモーションをすれば、売れるんじゃない?オープニングに自身が出演しちゃってるんだし。(笑)
ってゆーか自慢ですか?そうですか。


>自分の作品の露出を控えたおかげで、グレイやラルク、シャズナなどのビジュアル系が台頭することが出来た、との強気発言

まあ、全部持ってかれちゃったけど…たしかあなたの調査によると、globeファンはラルクに流れたっていう話だよね。
ヴィジュアル系のロックに対抗して作ったのが、ワナビーだし。


>その翌98年に安室と人気絶頂だったMAXとのスーパーモンキーズを再結成させるはずだったのに

ここは文脈的に見てTKの発言ではなく、この文章を書いた人の言葉だと思うんだけど、これは小室プロデュースでって事だったのかな?だとしたら大歓迎だったのに。安室の次はMAXだろう~って、ずっと待ってたし。
時代の流れって恐いですね。もう少し夢を見ていたかった…



ちなみにMAXも今年は10周年ですね。花束♪(⌒ー⌒)o∠★:゚*'おめでとぉ♪

| 小室哲哉 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

毒舌的にイクヨ。

何処のサイト(掲示板)にでも居る、アンチ小室。経緯を知った上での小室叩きなら許せるんですが、そんな人達は極わずか。
売れている(売れてた)人を叩けばいいと思っている、自称音楽通。もしくは朋ちゃんや麻美の件に関して、小室が全て悪いという方向に持って行きたくてしょうがない、粘着アンチ。まあ、一番タチの悪いのはKEIKO叩きだけど。
と言ってもアンチは一般人だけでなく、元小室ファミリーにも沢山www
自身のglobeは崖っぷちだし、もう大変大変。


>篠原涼子 ~anego~
『捨てられたんだから、もういいの』って言うぐらいなら、『いとしさ』でコメントを出すのは止めて下さいね(笑) 女優で大成したんだから、もういいでしょう。
涼子ちゃん、市村正親さんとの結婚はまだ~?祝福しますよ。

>hitomi ~ジャポネーゼガール~
『小室ブランドで売れたくなかった』、発言はあまりにも有名。
でも、久保こーじに『小室ファミリーのおちこぼれ』なんてTVで紹介されたら、腹が立ちますよね。
しかし、いまだにプリガレにおけるhitomiの存在意義が分かりません(爆)

>華原朋美 ~涙の続き~
相変わらずの電波放出(爆)でも、そろそろ小室ネタは止めた方がいいかと。事務所の戦略でセールス的にギリギリなのは分かるんだけど、普通の感覚なら引くでしょう。個人的には、落ちついた朋ちゃんがいいかなと。

>安室奈美恵 ~Queen of Hip-Pop~
多分、あむろっちが1番の理想型なんだろうね。マイペースで音楽が出来て、セールス的にも悪くない状況。うらやますぃ~地球さんもそうなって欲しかった。
こんな、あむろっちが反小室的な発言でもしたら、多分パニクルな俺。
なので止めてよ。

>吉田麻美 ~Strong Woman~
ビッグエコーでPV観たけど、カッコイイですね。でも、これをあむろっちが歌えば大ヒットするんでは?なんて考えちゃいました。
琴梨ちゃんは今年の9月22日で4歳。音楽的な資質が気になるところ。

>鈴木亜美 ~フル3部作~
亜美にはいつも甘いんだけど、今日は辛口に。やっぱ、亜美は事務所の方針に従って女優やバラエティをやって、朋ちゃんみたいに逃げ道を作って置いた方が良かった気がするんだよね。
結局、復帰2作目のジンクスはインディーズ・メジャー共に破れなかったし、正直厳しい。だからと言って、今更路線変更は無理でしょうけど。だって、今まで言ってきた事は嘘だったの?ってなるだけに。ジャズ歌わなきゃ!!

| 小室哲哉 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホームページ開設・4周年記念

本当の4周年は5月31日の昨日だったんだけど、疲れすぎて書けなかったので1日遅れの記念ブログ。と言っても普段と何も変わらないけど(笑)
いや、むしろ手抜き。

しっかし、不思議な4組ですね。


鈴木亜美:3年間活動休止。1年前に復帰し、今年からエイベックスに所属するが、現実は相当厳しい状況

globe:韓国公演・東京ドーム公演の中止。2年3ヶ月オリジナルCDのリリースなし、背水の陣に追い込まれる。

華原朋美:歌手メインからタレント活動へ。大恋愛→失恋、正直ギリギリなんです。あなたがいれば!!w

安室奈美恵:定期的にリリース。低迷期を乗り越え、”Queen of Hip-Pop” 今や、MTV4年連続受賞歌手。


全く違う状況下に置かれている4組だけど、今年ぐらいはね。もう、ひと花もふた花も咲かせようよ。難しいけど…

ってゆーかglobeのアルバムが7月13日から8月10日に延期になったせいで、前回のブログの意味がなくなっちゃったよ。連動キャンペーンが…


ヤフーミュージック・ページアクセスランキング (アーティスト編 )

1. (1) オレンジレンジ
2. (-) 氷室京介
3. (-) 華原朋美
4. (-) 安室奈美恵
5. (3) トンガリキッズ
6. (4) 浜田省吾
7. (-) 小室哲哉 ←注目
8. (7) ケツメイシ
9. (2) ゆず
10. (10) Mr.Children
(5月30日集計:毎日更新)

| 小室哲哉 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。