Judgement

2006年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

globeプロジェクト終了!!1994-2006

MARCのやんちゃなキャラクターとKEIKOの力強いハイトーン・ヴォーカル、巧みに時流に乗る小室哲哉。この3人の個性がひとつとなった集合体がglobeだ。小室哲哉は、80年代に多くのヒットを生んだグループ、TMネットワークのキーボディスト兼サウンドメイカーとして活躍し、90年代に入ると周知の通り安室奈美恵や華原朋美を筆頭に、プロデュース・ワークにおいて名を馳せた男である。そんな彼が、スタジオでの作業では満ち足りなかったのか、表舞台での活動を行うために始動させたのが、このユニットなのだ。
KEIKOは、エイベクッス主催のオーディションで、今や伝説の「ステージから落ちる」という威勢をかわれて、ヴォーカルの座を獲得。また、ファッション・モデルだったMARCは、小室哲哉とのプライベートな夜遊びを通して参戦加入した。時おいて、95年8月「フィール・ライク・ダンス」でメジャー・デビューし、このシングルを含め立て続けに3枚のリリースをする。その後ファースト・アルバム『globe』は、450万枚のセールスを記録し、当時の売り上げ日本歴代1位の座に君臨。その後の売上も驚異的な数字をたたきつけ、シングル・セールスだけで1200万枚以上、アルバムでは1300万枚以上と大衆文化にその名を刻み、確固たる地位を築いた。
そんな多くのリスナーの心を惹きつける彼らの魅力は、楽曲がカメレオンのように多彩な変化をみせることだろう。それは、時流を先取りした音楽要素――ジャングルやブレイク・ビーツといった新境地を取り入れるスタイルである。ある種、リスナーが求めている音楽に対しての軽い「裏切り」を続けるこの姿勢によって、彼らの魅力が際立ってくるのだ。近年では、ステージにおいて楽曲ごとにコンセプトを配してオペラ風な演出を披露したり、3人個々にフィーチャリングしたシングルをリリースするなど、globe周辺は常ににぎやかである。

Yahoo! ミュージック -globe-





1995年8月26日のTK DANCE CAMPから今日に至るまで、globeの為に数え切れないほどの遠征をした。神奈川・東京・千葉・埼玉・大阪と各地を巡り、ライブ会場の下見(学校を休んだこともあった)・節約の為、ネカフェでの宿泊・整理券取得の為、朝昼夜関係なく並んだ、そしてオフ会でのホテル潜入など、挙げていったらキリがない。

小室が好きで、小室に憧れ、小室の真似をした。小学校の頃(小室を知る前)から習っていたエレクトーンの発表会では小室の音楽を披露したこともある。

もちろん、世の中には小室以外の音楽が溢れていて(当たり前)、いい曲も沢山あるのだが、俺にとっては彼を超える興味深いミュージシャンは居ないのが現状である。

まあ、こんな小室ファンによる戯言は置いておいて。どうしてブログのタイトルがglobeプロジェクト終了なのかというと、いつ解散しても『globeお疲れ様でした』と素直に言える様になる程、頭の整理及び覚悟が出来たから。

解散しろじゃなくて、辞めたいと思ったらいつでも解散してもいいよ。
解散しないでじゃなくて、それも一つのデパーチャー♪
出発と書いて旅立ち。



DEPARTURES.jpg
スポンサーサイト

| 未分類 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TRF ~咲き誇れ小室哲哉~

YU-KIとKEIKOはやはり似ている。そして、YU-KIと小室哲哉は俺が思っていたよりも深い仲の様なのでなんだかほっとした。

ところで、TRFの新曲のジャケットが何を意味しているのか分かった人は居るかな? まあ、答えは簡単なんだけど花。

要するに過去の8センシシングルが花びらの役目をしているわけです。

CDジャケットを見ただけでは分からないかもしれませんが、、、

| 未分類 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント~

知る人ぞ知る作詞家 前田たかひろ、小室プロデュース作品を影で支えて来た作家陣の一人である。


☆小室哲哉との主なタッグ作品

十代に罪はない/東京パフォーマンスドール
Chase the Chance/安室奈美恵
teens/trf
Don't wanna cry/安室奈美恵
Baby baby baby/dos
BRAVE STORY/trf
PROMISE to PROMISE/観月ありさ
Detour/TMN
TOMORROW HEART/大賀埜々
PRIVATE PARADISE/Ring
HAPPY NEW MILLENNIUM/鈴木あみ
GIVE IT A TRY/安室奈美恵
Feel the Revolutions/MIYUKI
THANK YOU 4 EVERY DAY EVERY BODY/鈴木あみ
ジーザス/バブル青田


そして、11月29日にリリースされる『We are all BLOOMIN'/TRF』で41作目のタッグ作品となり、来月リリースされるKinki Kidsのアルバムにも楽曲提供するなど、活動が目白押しい。

ところで、作詞家といえばやはり小室みつ子(血縁関係はない)の存在は欠かせない。SELF CONTROL、Get Wild、BEYOND THE TIME、SEVEN DAYS WAR、BE TOGETHERなど、数々の名曲を生み出して来たことはあまりにも有名であるが、小室哲哉とのタッグ作品はTM NETWORKの楽曲がほとんどであり、それ以外では夢だけのボーイフレンド/観月ありさ、OUR DAYS/鈴木あみ、TOO SOON/小林幸恵などがある。


とまあ、こんな感じで作詞家別に小室作品を挙げてみたけど、何気に新鮮で面白い。

しかし、現存する邦楽シーンは何も面白くない。それに加え、Mステが嫌いになってしまった。理由は簡単、globeとTRFを頑なに出演させないから。というより、上記の二組の出演しない音楽番組など観るに値しない(実際は観てたりするけどw)

ってか、4年間も虐げられるとこんな歪んだ感情になってしまうみたいw 怖い怖いw セルフコントロール♪

| 未分類 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Overnight Sensation ~時代はあなたに委ねてる~

11月29日リリース TRF/We are all BLOOMIN'

We are all BLOOMIN'
作詞:前田たかひろ/作曲:小室哲哉/編曲:小室哲哉
※NTV「汐留☆イベント部」12月度エンディング・テーマ

My Revolution
作詞:川村真澄/作曲:小室哲哉/編曲:JUNKOO
※東洋水産「マルちゃん 麺づくり」CMソング



☆TRF新曲リリースイベント開催決定

11月28日(火)渋谷109イベントスペースにて「We are all BLOOMIN'」発売記念イベントを開催します!当日は、キッズによるダンスパフォーマンスや新曲のPV上映。そして同日、16時からお台場Zepp Tokyoにて開催のTRFシークレットライブの模様も完全生中継にて上映します。また、このイベントに参加されますと、TRFシークレットライブへの特別入場チケットもゲット出来るかも!! 

場所:東京・渋谷109イベントスペース 日時:11月28日(火)12時~19時(予定)


●「DDD」(株式会社フラックス・パブリッシング)
11月27日(月)発行
SAMのクールな表情に注目!
DDD 公式サイト:http://www.ddd-dance.com/flux-pub.html

●「TOKYO HEADLINE」(フリーペーパー)
11月27日(月)〜12月3日(日)発行
こちらはYU-KIとDJ KOOのインタビューです!
TOKYO HEADLINE WEB:http://www.tokyoheadline.com/


12/1(金)音楽戦士 出演
12/2(土)CDTV 出演
12/6(水)FNS歌謡祭 出演


抽選で豪華商品が当たる!TRFキャンペーン








TKバースデーイベント開催決定!!

霜気の候、皆様方におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。さて、来る11月27日(月)に小室哲哉が48回目の誕生日を迎えます。皆さんから頂戴した「是非、誕生日イベントを!」というあたたかいお言葉にお応えしたいという思いから、大変急ではございますがクラブイベントを開催させて頂きたいと思います。
皆様方におかれましてはご多忙中かと存じますが、お誘い合わせのうえ
会場に足を運んで下さいますよう宜しくお願い申し上げます。
             

●日時;06年 11月 27日(月曜日)20時~(B2ダンスフロアのみ入場可)

●場所;青山fai
〒107-0062 東京都港区南青山5-10-1 八品館ビル B1F 03-3486-4918

●一般料金;お1人様 3500円(1D付)

●DJ;TETSUYA KOMURO、LAURENT、DJ花見、KAZUYA(予定)

●ご連絡事項
※クラブイベントの形式を予定しています。
※20歳未満入場不可。エントランスにて写真付き身分証明書を確認させて頂きます。必ず写真付き身分証明書を御持参ください。

| 未分類 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TM NETWORK & TRF 慶應三田祭

Yahoo Japan 10周年特別企画 80's 90's

1994年5月に東京ドームで行われたTM NETWORKのラストライブ。小室哲哉(キーボード)、宇都宮隆(ボーカル)、木根尚登(ギター)の3人で構成されていたTM NETWORKは1984年にデビューし、10年間の活動に一時終止符を打った。

TM NETWORK スペシャルライブ


90年代中盤期における小室プロデュース(TRF・篠原・globe・安室・華原 etc.)しか知らない人たちに是非聞いて貰いたいTM NETWORKのスペシャルライブ。

前編セットリスト

①金曜日のライオン
②BE TOGETHER
③Love Train
④Get Wild'89
⑤SELF CONTROL
⑥SEVEN DAYS WAR


後編セットリスト

①1974
②COME ON EVERYBODY
③TIME TO COUNT DOWN
④YOU CAN DANCE
⑤DIVE INTO YOUR BODY
⑥THE POINT OF LOVER'S NIGHT
⑦Nights of The Knife
⑧TIME MACHINE








小室哲哉 10年ぶり「TRF」楽曲 -スポニチ-

小室哲哉(47)が、5人組ユニット「TRF」の楽曲を10年ぶりにプロデュースした。

タイトルは「We are all BLOOMIN'」で29日発売。小室は作曲、編曲を担当。TRFが来年デビュー15周年を迎えるにあたり、原点回帰の意味合いも込めて依頼。90年代の活躍をほうふつとさせるアップテンポなダンスミュージックに仕上がった。

96年12月の「LEGEND OF WIND」以来のタッグ作となり、小室は「TRFと出会い15年近くたったが、今でも変わらない笑顔があり、強いきずながあった」と感想。ボーカルのYU-KI(39)は「楽曲の仕上がりに関しては何の心配もなかった。レコーディングも前と変わらないやり方ですごくやりやすかった」と語った。



TRFがフジテレビ「笑っていいとも」に出演することになりました!
テレフォンショッキングにメンバー全員で出演するのは初めて!
是非ともお見逃しなく!

日時:11月20日(月)
時間:pm12:00〜pm13:00
笑っていいとも公式サイト:http://www.fujitv.co.jp/b_hp/iitomo/

TRF OFFICIAL WEBSITE



それにしても、慶應の学生さんは凄いですね。若いからなのか、パワーに漲っている。ファンだけが集まる単独のライブでもないのに、異様に盛り上がった三田祭の前夜祭『Special Live in KEIO ~熱い夜だから~』。 しかも8割以上の観客が慶應の学生さんという驚きの新事実。


レポ的なものは書く気はないけど、俺のとなりに居た塾生さんグループが開演する前に、パンフレットに掲載されているTRFのディスコグラフィーを観ながらこんな事を話していた。

塾生さん『ってゆーか、俺TRFの曲あんまり知らないんだよね』
塾生さん『俺は5曲ぐらいなら分かるかな』
俺『うはw 5曲・・・まあ、そんなもんだよね』

塾生さん『BOY MEETS GIRLにsuvival dAnce、あとクレイジーなんとかってやつなら何とか』
塾生さん『ってゆーか、何でTRFを呼んだんだろ?』
俺『やばw 完全にアゥエーだコレ 俺だけ浮きそうw』


しかし、ライブが始まると物凄い歓声が!! ってゆーか、もしかしてみんな予習してきた?w 振りやら掛け声やらジャンプが出来ている。もちろんとなりの塾生さんグループも大盛り上がり。

ちょw待てってとツッコミたくなるぐらいの豹変ぶりw
完全に俺は釣られたわけですねw

まっ!そのおかげで俺もフルパワーで盛り上がれたわけだけど。

とにかく三田祭に感謝感謝!!

| 小室哲哉 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TRF新曲 We are all BLOOMIN' ~咲き誇れ~

TRF/We are all BLOOMIN' 2006年11月29日発売
Aタイプ(CD+DVD) 1890円 Bタイプ(CD) 1050円

【CD収録予定曲】
①We are all BLOOMIN'
②My Revolution(渡辺美里のカバー)
③We are all BLOOMIN'-Music Video Edit-
④We are all BLOOMIN'-Back Track-
⑤My Revolution-Back Track-
【DVD収録予定映像】
We are all BLOOMIN'Music Video

2006年11月発表のシングル。ひさしぶりに小室哲哉が作曲を手がけたキャッチーなダンス・ナンバーで、「小室ファミリー」ならではの相性の良さがきわだつ。原点回帰というよりは王政復古といった力作だ。

これ、Yahoo!ミュージックのレビューなんだけど、なんか凄いな。
王政復古とかw

Yahoo!ミュージック -TRF-


881.jpeg

879.jpeg









しっかし、ウタワラの新曲初披露は良かったな。かっこイイ!
早く生で聴きたいね。最高に盛り上がりそう♪

TRF OFFICIAL WEBSITE

| 未分類 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

写真集『Super Stars』 /レスリー・キー

シンガポール出身の写真家レスリー・キーがASIA IS ONEをテーマに、ヴァネス&カンタをはじめ、坂本龍一や小室哲哉&KEIKO、木村カエラなど、アジアを代表する、俳優やミュージシャン、モデル、スポーツ選手など、300人にのぼるスターを約1年半掛けて撮り続けて完成した写真集『Super Stars』が発売される。


【開催期間】 2006年11月11日(土)~19日(日)
【時  間】 11:00~21:00
【開催場所】 表参道ヒルズ 多目的スペース【O:】
【入場料】一 般1,500円  学 生1,200円 小学生600円

入場料およびグッズ販売売上げの10%は、特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパンに寄付されます。


☆展示アーティスト

安室奈美恵
小室哲哉&KEIKO
鈴木亜美
観月ありさ
渡辺美里


☆他の参加アーティスト

内田有紀
篠原涼子
TRF
hitomi


☆☆☆SUPERSTARS☆☆☆



音楽的なこと以外で名前を連ねてもあんまり意味がないんだけど、展示会に行ってみる価値はありそうだ。

でもなぁ~展示会で見れる写真は限られてるそうだし。








東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで東方神起やAAAらも出演する“クラブディズニー”開催決定

東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーでは、2007年冬にパーク閉園後に特別営業を行い、「スペシャルナイト“クラブディズニー”」を開催することを発表した。東京ディズニーランドではパラパラなどおなじみのダンスミュージックも楽しめ、東京ディズニーシーはオールジャンルのクラブ空間となる模様だ。またそれぞれのステージには、イベントに先行して発売されるCD『CLUB DISNEY』に参加する人気アーティスト、TRF、東方神起、AAA(トリプルエー)、キューティー★マミーらが特別ゲスト出演することもわかった。

東京ディズニーランドでは、2000年に好評だった「Club Disneyスーパーダンシン・マニア」をリミックスしたショーを行う。当時も多くの人が熱狂した「ミッキーマウスマーチ」のパラパラが完全復活し、ユーロビートバージョンのディズニーミュージックを堪能できる。特別ゲストとして、2005年にデビューした男女8人組のスーパーパフォーマンスユニット・AAA(トリプルエー)と、ママドルユニット・キューティー★マミーが出演する。キューティー★マミーは、すでに「ミッキーマウス・マーチ」のユーロビートカバーしている。振り付けはもちろんパラパラだ。

また、東京ディズニーシーでは今年2月に開催した「ベイサイド・ビート」をバージョンアップして、ヒップホップ、R&Bはもちろんダンスクラシックやハウスまでさまざまなジャンルのダンスを楽しめる、まさに東京ディズニーシーが“クラブディズニー”になるという。いつもよりダンサブルなディズニーキャラクターや本格ダンサーのパフォーマンス、DJライブ等が行われ、特別ゲストとしてダンスユニット・TRFと、人気急上昇中の韓国発10代コーラスグループ・東方神起がライブを行う予定だ。

【開催日時】
東京ディズニーシー・スペシャルナイト
クラブディズニー
“ベイサイド・ビートReturns”
2007年1月28日(日)、29日(月)、30日(火)
19:30~22:30

東京ディズニーランド・スペシャルナイト
クラブディズニー
“スーパーダンシン・マニアRemix”
2007年2月7日(水)、8日(木)、9日(金)
19:45~22:45

| 小室哲哉 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新プロジェクト『Curious K.』

知る人ぞ知る、小室哲哉中心とした作曲家集団『Curious K.』

第一弾 WaT × ハロプロ/Ready Go!
TBS世界バレーオフシャルテーマソング


今日初めてハロプロバージョンをフルで聴いたんだけど、マジで良かった。あれは、ライブで盛り上がるね。ハロプロファンが絶賛してたよ。

で、第二弾は誰かな?この際だから誰でもOKです。大歓迎よ?

複数商法でも何でもやってくれ。WaTみたいに全種類買うから。

いい仕事するね、『Curious K.』は。








柳本ジャパン、トルコ下し準決勝へわずかな望み 世界バレー女子

バレーボールの世界選手権第7日は9日、名古屋市総合体育館などで女子2次リーグを行い、E組の日本はトルコに3-1で勝ち、通算3勝2敗で準決勝進出にわずかながら望みをつないだ。トルコは1勝4敗。

日本は1-1で迎えた第3セットを杉山(NEC)の攻守にわたる活躍などで競り勝ち、続く第4セットも奪った。

E組はセルビア・モンテネグロがポーランドを退けて負けなしの5勝、前回覇者のイタリアは韓国を下して4勝1敗とした。キューバは台湾に勝って3勝2敗となった。

F組でブラジルがアテネ五輪を制した中国に勝ち、ロシアもオランダを退け、ともに5勝とした。中国は4強入りの望みが消えた。ドイツはプエルトリコに勝って3勝2敗。

大会は10日の休養日を挟み、日本は11日に勢いに乗るセルビア・モンテネグロと対戦する。

| 小室哲哉 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人間って何でこんなに醜いんだろ?

Yahoo!に!知恵袋という物があるのを今日初めて知ったのだが、その中にこんなものが『小室哲哉の検索結果』

とは言っても、たまたま小室哲哉で検索したら知恵袋のコンテンツに引っかかっただけなんだけど、何気なく中を見てみると。

ゴシップに戯れる陰湿な書き込みや悪口だらけ。しかも、ガセ。

いつもなら『気持ちわる!』で済むんだけど、あまりにも酷すぎた為、ブチ切れてキーボードを思いっきり叩いてしまった。

その瞬間、モニターが真っ暗になるという惨事が起こったわけだけど・・・(PCが微妙に壊れた)

改めて、人間って醜い生き物だと思った。




少し話しは変わりますが、先日TRFの新曲『We are all BOOMIN'』がM-ONで公開され多数のサイトで聴ける様になりました。
曲の評価については賛否両論あって中々面白いわけですが、一つだけ賛同出来ない意見があります。

それは、ターゲットを既存のファンではなく小室プロデュース世代の人たちに向けて楽曲を制作した方がいいという意見。

あくまでも個人的な意見だけど、はっきり言ってそんな人たちに今の小室の音楽を聴かせたくない。

理由は簡単、その世代は上記で述べた様な人たちだから。

それに、まず詩の世界に共感出来ない。


お気楽思考でただ流行りに乗っかってた人たちを相手にする必要性なんて全くないし。


とまあ、少々毒を吐いているわけですが、たまにはいいよね少しぐらい。

| Judgement | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

祝 WaT 初のオリコン1位! 

「WaT」バレーテーマ曲が首位獲得 -スポニチ-

人気デュオ「WaT」の新曲「Ready Go!」が来週13日付オリコンチャートに1位で初登場することが6日、確定した。WaTにとっては02年の結成から5年目、インディーズデビュー作「卒業TIME」から通算5枚目のシングルで、初の首位獲得。これまでは昨年11月のシングル「僕のキモチ」、今年1月の「5センチ。」、3月の初アルバム「卒業TIME~僕らのはじまり~」の3作で記録した2位が最高だった。

「Ready…」はTBS「2006世界バレー」の公式テーマソング。現在4連勝で1次リーグ突破と快進撃を続けている日本女子バレーボールチームの応援歌としてお茶の間でも人気に。5に欧州チャンピオンのポーランドを撃破した時には瞬間最高視聴率31・1%を記録。チームの勢いに乗りながら、視聴率同様、売り上げを伸ばした。

小池徹平(20)は「多くの方に聴いてもらえてすごくうれしい」。ウエンツ瑛士(21)も「一生懸命会場で歌って応援していきたい」とさらに力が入っていた。


WaT感激!女子世界バレー応援歌「Ready Go!」1位獲得 -サンスポ-

WaT初のオリコン1位 -スポーツ報知-




とりあえず、小室哲哉を中心とした作曲家集団『Curious K.』の人たちも一安心ってところでしょうか。実現するかは分からないけど、第二弾に期待。

とにかく、WaT 初の1位おめでとう♪

| 小室哲哉 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本女子バレー 2次リーグ進出!!

柳本ジャパン、韓国下し2次リーグへ 世界バレー第4日

バレーボールの世界選手権第4日は4日、東京・国立代々木競技場など4会場で女子1次リーグを行い、A組の日本は韓国に3-1で勝ち、3勝1敗で2次リーグ進出を決めた。韓国は1勝3敗。

日本は小山(久光製薬)の強打がさえ、第1セットを先取。第2セットは落としたが、第3、4セットは多彩な攻撃で連取した。

A組の台湾はポーランドを破り全勝。B組のロシアは3-1でアテネ五輪優勝の中国を下して4連勝。C組はブラジルが4連勝で、D組はセルビア・モンテネグロが無敗を守り、イタリアはキューバを破って1次リーグ突破を決めた。


TBS『2006 世界バレー』



シングル・デイリー推移
          (/\:1~3位の変動,↑↓:4位以上)
28 29 | 30 31  1  2    3
..土 ..日 | ..月 ..火 ..水 ..木   ..金
      |     1  1  1 →  1 WaT
      |     2  2  2 →  2 BoA
 1  1 |  1  5  5  4 /  3 木更津キャッツアイ feat. MCU
 3  4 |  3  8  8  5 /  4 倖田來未
 2  2 |  2 10  9  7 /  5 大塚愛


WaTの歌うReady Go!が4日連続でデイリー1位の模様。WaT初のオリコン1位まで残りわずかってところでしょうか。

頑張れWaT!!ってか、小池徹平ってイニシャルがTKなんだね。
今頃気付いたよw 遅すぎw







TRF/We are all BLOOMIN' 2006年11月29日発売
Aタイプ(CD+DVD) 1890円 Bタイプ(CD) 1050円

【CD収録予定曲】
①We are all BLOOMIN'
②My Revolution
③We are all BLOOMIN'-Music Video Edit-
④We are all BLOOMIN'-Back Track-
⑤My Revolution-Back Track-
【DVD収録予定映像】
We are all BLOOMIN'Music Video

小室哲哉氏による楽曲提供!(シングルとしては10年ぶり)
原点回帰とも言える、TRFのNEWシングル。
「EZ DO DANCE」や「survival dAnce」のようなダンスナンバーを予定。


それにしても、YU-KIの独特な踊りは何処から来ているんだろうか?あの動き、大好きなんだよね。スカートを靡かせながら、クネクネするやつ。KEIKOからYU-KIへ浮気しちゃいそう♪(氏ねw)

新曲のPV観ていると、マジで心が動いてしまう感じ。まあ、KEIKOにはTHE AURIS (SUPER) BANDあるので満足してるけど。

それにしても、最近はお気楽思考満載のブログだなw 面白くなってきた事の表れだけど。

18日の慶應三田祭が待ち遠すぃ~♪

| 小室哲哉 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WaT Ready Go! 三日連続デイリー1位!!

①謎?の作曲家集団『Curious K.』

Ready Go!/WaT 2006年11月01日発売
ユニバーサル シグマ UMCK-9151
タイアップ:TBS系「2006 世界バレー」オフィシャル・テーマソング

作詞:WaT
作曲:Curious K.
編曲:華原大輔 佐野聡

4枚目のシングル「Ready Go!」は、TBS『2006 世界バレー』のオフィシャル・テーマソングに決定。作詞はWaT、作曲はCurious K.で、明るくキャッチーな応援ソングに仕上がっている。 カップリング「More」も夢にあふれた曲でWaTの明るくさわやかな魅力にあふれている。初回限定盤は12Pスペシャルブックレット入りで、「Ready Go!」のバージョン違い3曲を含む全7曲を収録。フェイスペインティングをした二人のジャケットもキュート。

日本代表にエールを贈るステキな応援ソングが完成



シングル・デイリー推移
          (/\:1~3位の変動,↑↓:4位以上)
26 27 28 29 | 30 31  1    2
..木 ..金 ..土 ..日 | ..月 ..火 ..水   .木
            |     1  1 →  1 WaT
            |     2  2 →  2 BoA
            |     4  3 →  3 INOUE AKIRA&M.I.H.BAND
 1  1  1  1 |  1  5  5 /  4 木更津キャッツアイ feat. MCU
 4  3  3  4 |  3  8  8 /  5 倖田來未


Curious K.の中の人もドキドキしてたりして?w
誰だか知らないけど。







②毎日目にする一部の安室ファンによる小室批判

安室が今の楽曲路線(安室がやりたかった路線)で新規ファン獲得し、女性アーの中では上位クラスの位置に居る事は間違いないんだけど、一部のファンの間ではまだ物足りないのか、、、

今の楽曲を語る場合、必ず昔の楽曲(小室)を貶すんだよね。そんなに小室を下に見ないと安室を優位に立たせられないのかな?

いちいち、小室を引き合いに出すなと言いたい。
自信を持って今の安室で勝負しろ。

余裕でしょ?







③TRFの新曲『We are all BLOOMIN'』

TRF/We are all BLOOMIN' 2006年11月29日発売
Aタイプ(CD+DVD) 1890円 Bタイプ(CD) 1050円

【CD収録予定曲】
①We are all BLOOMIN'
②My Revolution
③We are all BLOOMIN'-Music Video Edit-
④We are all BLOOMIN'-Back Track-
⑤My Revolution-Back Track-
【DVD収録予定映像】
We are all BLOOMIN'Music Video

小室哲哉氏による楽曲提供!(シングルとしては10年ぶり)
原点回帰とも言える、TRFのNEWシングル。
「EZ DO DANCE」や「survival dAnce」のようなダンスナンバーを予定。


噂によると編曲は小室哲哉ではないらしいが、作曲が小室哲哉なら何でもいいわけで、とにかく楽曲提供の仕事があるだけで未来が開ける。
ってか、この曲マジで盛り上がる。

ちなみに、カップリングのMy Revolutionは20年前に大ヒットした渡辺美里の代表曲のカバーである。誰が見ても小室繋がりである事は明白だ。


TRF OFFICIAL WEBSITE







④小室哲哉と華原朋美の落とし子、深田恭子

これは両方のファンによる妄想ワールドですね(笑)
つい最近、理想のスレを見つけてしまってw

それにしても今の堂本兄弟のキャストは凄すぎる。

華原朋美・深田恭子・浅倉大介・高見沢俊彦・きくちP etc.

| 小室哲哉 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WaT デイリー1位で好発進!!

1位 Ready! Go 世界バレーオフィシャルテーマソング
アーティスト WaT
メーカー UMS
発売日 2006年11月01日 発売

タイトル アーティスト 発売日
*2位 Winter Love BoA 11/01
*3位 Filth in the beauty-Optical Im pression- the GazettE 11/01
*4位 wish INOUE AKIRA & M.I.H.BAND 11/01
*5位 シーサイド・ばいばい 木更津キャッツアイ feat.MCU 10/25
*6位 遠影 feat.John Legend CHEMISTRY 11/01
*7位 THE SHOW KREVA 11/01
*8位 夢のうた/ふたりで… 倖田來未 10/18
*9位 ラブリー■キャッツアイ misono 11/01
10位 恋愛写真 大塚愛 10/25
11位 プラットホーム Salyu 11/01
12位 SAYONARA ORANGE RANGE 10/25
13位 ありがとう SMAP 10/11
14位 眠っていた気持ち 眠っていたココロ 上木彩矢 11/01
15位 セーラー服と機関銃 星泉 10/25
16位 ファースト・クリスマス K 11/01
17位 初恋 矢井田瞳 11/01
18位 三日月 絢香 09/27
19位 バラライカ 月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。) 10/25
20位 REGRET-Optical Impression- the GazettE 10/25

シングルデイリーランキング -ORICIN STYLE-







WaT、『世バレ』テーマでデイリー首位の好発進!

WaTのニューシングル「Ready Go!」が、10/31付デイリーシングルランキングで初登場首位を獲得し好調な出足を見せた。同曲はWaTの2人がオフィシャルサポーターを務める、10/31開幕の『2006世界バレー』(TBS系)オフィシャルテーマソング。約1ヶ月に及ぶ今大会を大いに沸かせるとともに、世界制覇を目指す柳本ジャパンの活躍にも弾みをつけることは間違いないだろう。
昨年11月のデビューから5作目となる今作で、彼ら初の週間首位獲得なるか。今後のセールス動向から目が離せない。


しかし、初日のデイリーランキングが1位だったからと言って、あまりはしゃいではいられない。2位のBoAとかなりの僅差らしい。

マジでヤバすぎる。どうやら、一筋縄ではいかない模様。







柳本ジャパンがストレートで初勝利! 世界バレー第2日


次回 地上波OAスケジュール
11月3日(金) 18:55~20:54 「日本×ケニア」 ※最大30分延長

TBS『2006 世界バレー』

| Judgement | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。