Judgement

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小室哲哉サイン会 第二陣 ~1年ぶりの再会~

三省堂書店で開催された、小室さんのサイン会に行ってきました!!


☆ タイムテーブルレポ

13:30~

キーマガ・プレゼンツのイベント以来、約1年ぶりの再会に向けて自宅を出発!!
電車に揺られながら、様々な思いを頭の中に巡らせていた。



14:30~
有楽町に到着!! 現地で友人と合流し、いざ三省堂へ!!

既に50人ほどのファンが並んでおり、レジカウンターで予約していた『罪と音楽』を購入し整理券をゲット!!その後、自分たちもサイン会の列に並び、今まで参加して来た小室関連イベントや今回のサイン会について語り合った。

トークのコンセプトはいかにマニアックな話が出来るかw

①ガチコライベント&華原朋美の公開ラジオ(スペイン坂)はしごエピソード。
②詩集発売記念として行われたKEIKOのサイン会エピソード。
③ファンレポに基づいた、サイン会の詳細。


サイン会開始の15時を過ぎた頃からスタッフの行動が慌しくなり、徐々に列が進んで行った。禁止事項は撮影と為書き(名前など)の二点。

スタッフに急かされることもなく、小室さんと普通に会話が出来ると事前に聞いていたので、話の内容を自分の番が回って来るまでの間に考えていた。



15:45~
さらに列が進み、入り口付近までやって来た。
いよいよである。

店内に入ると、そこは銀幕の世界だった!! 

先ほどまで誰も居なかった白いテーブルに小室さんが居るではありませんか!! 今回のサイン会はマジでヤバイ!! もうダメ!! 逃げ出しそうw

言葉を交わす余裕があるということは、言葉を交わせということ。


しかも、店内に入ってから5人ほどで自分の番が回ってくる。サイン会の光景を見ながらシミュレーションをする時間すらままならないなんて、有り得ないw

スタッフの方が気を利かせてくれて、『お連れの方と一緒に行かれますか?』と聞いて下さいましたが、二人で行って別々の話をするのも悪いので、一人ずつサインして貰うことにしました。


そして、ついに自分の番だ!!

憧れの小室さんに先ほど購入した本を渡し、発した最初の言葉が『こんにちは!!』

まるで、家に遊びに来た親戚の伯父さんに挨拶をするかの様だったw 年齢差を考えれば別に不思議ではないのだが、言葉を失った…(´・ω・`)

別に『こんにちは』という言葉が悪いわけではなく、サイン会という特殊な場でなければ、『初めまして、私○○と申します。宜しくお願いします。』と挨拶を交わすところである。

それを省略し、堅苦しくない挨拶として選択したのがこの言葉だった。

しかしながら、やはり小室さんを目の前にすると緊張のせいかその先の言葉が出てこない。


おそらく、小室さんのことですから何かしらの言葉をかけてくれたに違いないんだろうけど、実はそこで小室さんが何を言ったかは憶えていない(笑)

でも、名前も知らない俺の為にサインをしてくれている小室さんを見ていたら、何故か勇気が湧いてきた。一筋縄では行かないだろうとは思っていたが、もうそんなことは言ってられない。


mk566 『お元気そうで何よりです。』

小室さん 『えぇ、おかげ様で。前より元気なんですよ。』


-会話の流れなど気にせず、伝えたいことを言おうと思い-


mk566 『globeのJudgementみたいな曲が聴きたいです。ブログのタイトルにも使うぐらい大好きなんです(´∀`)』

小室さん 『ありがとう!! ブログには僕の良いことを書いて下さいね!!』

mk566 『ハイ!小室さんの良いこと沢山書きます!!(´∀`)』

小室さん 『今日のこともヨロシクね!!』

mk566 『今日のことも、これからのこともどんどん書いて行きますよ!!(´∀`)』


-サインを書き終えたところで-


小室さん 『今日は本当にありがとう!! 気をつけて帰って下さい!!』

mk566 『こちらこそ、ありがとうございました。ずっと応援しています。』 


-三度目となる熱い握手を交わし終了-


なんか、活字にすると自分がゲスト出演したTK MUSIC CLAMPの本みたい。

それにしても、緊張した。やはり、意識の中で前の小室さんとは違うんだ!!と思っているからなのかもしれない。globeのファンクラブイベントの時に会った小室さんはどこか淋しげな感じだったし。

とりあえず、それほど長く話せたわけではないけれど、Judgementが好きなこととブログを書いていることを小室さんに伝えられたので満足でした。

それに加え、この言葉。 『ブログには僕の良いことを書いて下さいね!!』

その言葉、頂きたかったんですw
小室さん直々にお願いされては断れないですからね(笑)



16:05~
サインをして貰ったあとは、店内を周りブログ用の写真を撮影しつつ、サイン会の経過を見守っていた。



16:50~
終わる頃を見計らって、店外で一度目の出待ち。拍手喝采が起こる中、サイン会を終えた小室さんが予想通りこちらに向かって来た。

しかし、大勢のファンが待ち構えていた為、もみくちゃにされそうな勢いで、雪崩れ込むようにエレベーターに乗り込んで行った。

距離にしたら20メートルぐらいだったと思う。右折して左折して、またまた右折してエレベーターへ!!

一歩引いたところで小室さんとファンの大移動を追っていた為、鮮明に憶えています。
てっちゃん♪ てっちゃん♪と黄色い声が飛び交っていました!!


いやぁ~ここまで来たらもういいでしょう!!と普通の人なら思うでしょうが、実はファンとしての最後の大仕事が残っているのです。それは、小室さんの乗る車の出待ち。

建物の構造に詳しい友人に教えて貰い、地下にある駐車場出入り口で待つこと数十分。

15人ほど居たファンの半分以上がいきなり大移動を始めた!!

まさか、別の出口から? 謀られたのか?w

いや、でも、動くわけには行かないし。 

仕方がないので友人に様子を見に行って貰い、待つこと10分。

何事も起きないまま、友人が戻って来た。

もうダメかなと思った瞬間、黒のワゴンが!!

友人曰く、運転席と助手席に座っていた人はサイン会の時に居たスタッフだったとか。

残念ながら、後部座席の窓ガラスは真っ黒だったため確認出来ず。

もしかしたら、ダミーの車だったかもしれないし、別のルートから帰ったのかもしれない。

さすがにこれ以上は待てないので、会場付近のマックでお開きに!!ヽ(*´∀`)ノ



コアなファンが集結するんだろうとは思っていましたが、予想を上回るツワモノたちには純粋に驚きました。

あそこが書店ではなく、イベント専用の会場でしたらもっと大胆な行動が取れたんですけどね。 一般の人たちも沢山来店してたし、スタッフの方が常に通路の確保に取り組んでいたのでさすがに迷惑はかけられなったよ。

小室ファン日本代表選手権大会・地域予選。イベントの総括としてはこの言葉が一番合うんじゃないかな。それほど、他のファンの方たちの熱意も感じられたし、自分も最低限のことはやれたと思うから。


生の小室さんに関しては優しさですかね。 どうしてそこまで優しさを振りまくことが出来るのか。その優しさに触れ、皆が笑顔になり幸せな気持ちにさせてくれる。 ファンの方たちの表情を見ていればよく分かります。


『やさしさだけじゃ 生きてゆけない でも やさしい人が好きなの』

壁にぶつかればぶつかるほど、人の優しさに触れたくなるのも人の性。


Is this love? Is this love? Is this love?
数え切れない笑顔と・・・♪
スポンサーサイト

| Judgement | | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小室哲哉サイン会 第二陣 ギャラリー

090926_1619~01


正面玄関付近です。三列に並び、左方向に進んで行きました。
左下には最後尾という文字の入った看板が見えますね。




090926_1508~01

並んでいる時に外から店内を撮った写真です。
奥のカウンターには何やら気になるポスターが!!




090926_1604~02


こちらが気になるポスターの正体です。
レジカウンターの真上にある為、あえて店員さんに一言断りを入れて撮りました。




090926_1445~01


サイン会参加に必要となった整理券です。
予約していた罪と音楽を購入した際に貰いました。




090926_1621~01


レジカウンターの左側にある新刊コーナーです。




090926_1609~02

店の一番奥にある芸能本コーナーです。




090927_1515~01


小室さんのサインです。

| Judgement | | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小室哲哉サイン会 第一陣 

tk1_s.jpeg



news_large_komuro09_convert_20090923233548.jpeg




小室哲哉出版サイン会「生々しい表現も」

小室哲哉出版記念サイン会「毎日必ず1曲作っている」

小室哲哉、『罪と音楽』サイン会に登場、取材にも応じる

小室哲哉、著書イベントで久々ファン150人と交流「本は僕の“所信表明”」

小室哲哉:執行猶予は頂いたチャンス 「頑張ります、必ずやります」の所信表明 著書「罪と音楽」サイン会



江川紹子さんというジャーナリストの方が、小室さんの本について書いています。

江川紹子ジャーナル -のりぴー騒動と小室本-

| 小室哲哉 | | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

篠原涼子がドラマに帰ってキタ!!m9( ゚∀゚)

『ハケンの品格』以来、約2年半ぶりとなった復帰ドラマ『働くゴン!』。


正直、期待をしてなかっただけに放送日もチェックせずたまたま見合わせただけの番組だったが、以外に面白くて幸せな気分になれた!!(´∀`)   最初の30分は逃したけどw

涼子が被り物をして子供と戯れるところなんかは、まるで『ごっつええ感じ』の涼子を見ている様だった!!しかも、ハケンのキャストスフル出演?(笑) 

また、連ドラで活躍する彼女が見たいですね。




20mai00054102_convert_20090924002326.jpg

これは、アンフェアの雪平っぽい。



20mai00054091_convert_20090924002819.jpg

ハケンキャストとのコラボです。



20mai00054131_convert_20090924002922.jpg

権俵よし子ですが、何か?

| Judgement | | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

罪と音楽/著者 小室哲哉 ②

090916_1428~010001


横浜某所にある有隣堂にて撮影。
YOSHIKIとセットで展開させるとかやるね!!(´∀`)  

小室哲哉が告白、新曲50曲ド派手復帰計画
小室哲哉書き下ろしエッセー「罪と音楽」、新曲50曲同時発売へ




『罪と音楽』出版記念、小室哲哉さんサイン会開催のお知らせ

既にどちらの店舗とも整理券配布は終了しているのですが、一応情報として。

それにしても、何から何まで急すぎる。いきなり銀座か有楽町に行け!!なんて無理無理。どんなミッションですか?って話ですよね(笑) 電話予約が出来なかったら完全にアウトだったよ。

まあ、転売目的で購入した人たちが整理券をヤフオクに出品している様ですけど。

しかし、サイン会当日に本を購入する為、約十日間のお預けは厳しいですねw


●福家書店 銀座店
日時 9月23日(水)15:00~
場所 福家書店 銀座店
定員 150名
電話 03-3574-7181(福家書店銀座店)
福家書店

●三省堂書店 有楽町店
日時 9月26日(土)15:00~
場所 三省堂書店 有楽町店
定員 150名
電話 03-5222-1200(三省堂書店 有楽町店)
三省堂書店

| Judgement | | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

罪と音楽/著者 小室哲哉 ①

不確定要素が多かった為ブログに書くのは控えてましたが、まさか発売当日に情報解禁とはね。


罪と音楽/小室哲哉
出版社名 幻冬舎
発行年月 2009年09月
価格 1,365円(税込)


「僕から音楽をとったら、何も残らなかった」
 
なぜ事件は起こったのか?絶頂からの迷走、転落、そして——。

不世出の音楽家が、過去を省み、未来を考察しながら、偽らざる胸中と変わらない音楽愛をすべて明らかにした、奇跡を起こす再生の書。書き下ろしエッセイ!
 
「何も考えるな。生きながらにして死ね」
その声はいつも、頭の中に鳴り響いていた。
 
もはや限界を超えていた。もう愛することも愛されることも、実感できなくなっていた。それでも僕は、ただ音楽を作り続けた。ドラキュラは、日光を浴びると、一瞬にして灰になるという。あの頃の僕は、2年なり3年なりの時間をかけて、ゆるやかに灰になっていった。それが「生きながらにして死ぬ」ということだ。今回の事件で、僕はやっと髪の毛まで灰になれたのかもしれない。リセットとは、あらゆるレジェンドを無に帰するところまで落ちなければ、許されないものだった——。


34401731.jpeg



HMV
amazon
紀伊国屋
楽天ブックス
セブンアンドワイ


前に週刊女性の記事を元に書いたブログです。
小室哲哉 幻冬舎から自叙伝発売か?

| 小室哲哉 | | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Mステのランキングに小室曲を投票しよう!!

タイミングとしてはベストなので、前回(今年1月末)の昭和・平成の名曲ランキングに引き続き小室曲を上位にランクインさせましょう!!(´∀`) 

前回のランキング=昭和2位マイレボ、平成5位キャンユー その他、4曲ランクイン


たしか、昭和・平成両方のランキング上位に曲を送り込んだのはサザンとTKだけだったと思います。


ライバルは、いつもキャンユーと接戦を繰り広げているサザン、尾崎、ドリカム、ZARD、SMAP、ミスチル、宇多田あたりのミュージシャンですかね。



ミュージックステーションでは9月25日に3時間スペシャル
「あなたとアーティストが選んだ “新 国民的名曲 BEST100”」を放送します!
そこでみなさんから”日本の名曲”だと思う1曲を募集します!ぜひご協力ください!

http://www.tv-asahi.co.jp/music/m-contents/090925sp/index.html

| Judgement | | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何このスペシャルショット!!いや、ミラクルショットか?(笑)




千葉副社長による、締めの挨拶だそうです。
このメンツと立ち位置、どうやって決めた?(笑)

千葉副社長の後ろにいるのは誰なのでしょう?
TKとYU-KIが視線を向けています。

打ち上げブログに載っているアーティストの中で、この写真に写っていないのはJURIAN BEAT CRISIS、倖田姉妹、ガルネク、ミヒマル、AAA、東方、大塚愛。





globe.jpg


21世紀の世にこんなショットが実現するとは夢にも思わなかったよ!!
今にもYOU ARE THE ONEのメロディーが聴こえてきそうな感じだ!!

亜美がいればニューこねっとの誕生だったのにw
翌日の仕事さえなければ・・・





TRF.jpg

こちらはツインボーカルとなったTRFですねw
ちゃっかり、浜崎と後藤がいい位置にw






090903_0322~01

大阪公演翌日のデイリースポーツです。


エイベックス松浦社長ブログ
小室哲哉 飛び入り!globeで妻と熱唱

| Judgement | | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エイベックス TV番組情報

a-nation '09 WOWWOW

もはや夏の風物詩となった豪華アーティストの夢の競演を今年も独占放送!
9/26(土) 午後8時~ 10/26(月) 午後12時~

2002年の第1回開催以来毎年20万人以上を動員、過去7年間で累計220万人以上の動員を記録している「a-nation」。1枚のチケットで何組もの豪華アーティストのライヴパフォーマンスを楽しめるこのライヴイベントは、毎年確実に進化を遂げ、もはや夏の風物詩のひとつとなっている。

「a-nation」の魅力と言えば、何と言っても豪華アーティストの夢の競演。公演日により出演アーティストが異なるものの、今年も豪華アーティストの出演が発表されている。そして、「a-nation」のもうひとつのキーワードは、国内唯一の全国サーキット形式での野外フェスティバルであること。「日本中のリスナーに感謝の気持ちを伝えたい」「1人でも多くの人にライヴの感動と興奮を感じて欲しい」そんな熱い想いから始まった「a-nation」は、開催ごとに規模が拡大し、現在のサーキット形式へと進化してきた。

今では、数多くの豪華アーティストによる最高のライヴ、最高のパフォーマンス、最高のエンターテイメントを体感しながら、新たなアーティストとの出会いやファン同士の交流を深めるきっかけとなっている。まさに、「a-nation」でしかなしえない一体感がそこにあると言える。

今年は、8月1日の熊本を皮切りに、8日の愛媛、15日の名古屋、22日・23日の東京2days、そして最終公演となる8月29日・30日の大阪2daysの全国5都市7公演で開催される「a-nation」。WOWOWでは、その中から8月22日(土)、23日(日)の東京・味の素スタジアム公演の模様を独占放送する。

味の素スタジアム公演ではTRF、Every Little Thing、浜崎あゆみ、Do As Infinity、倖田來未、大塚 愛、鈴木亜美、東方神起、AAA、GIRL NEXT DOORなどの出演が予定されている。まさに他では決して観ることが出来ない豪華アーティストの競演を楽しむことが出来ると言っても過言では無い。史上最強の野外フェスティバル「a- nati on」を観ずして、2009年の夏は終われない!




Channel-a #570 9/3(木)~9/9(水)
放送局、放送時間一覧

今週のChannel-a は…最初で最後の最強総集編SP~10年間ありがとうございました~

【総集編スペシャル】
今週から4週に渡り総集編スペシャルを放送!
番組がスタートした1998年から10年間を
ダイジェストで振り返ります!!
TRF、浜崎あゆみ、m.c.A・T、V6、相川七瀬、MAX
安室奈美恵、土屋アンナ、misono、globe、Every Little Thing、大塚愛、
hitomi、倖田來未、BoA、Janne Da Arc、SPEED(順不同)

| 小室哲哉 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。