Judgement

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

☆相模国 小田原紀行☆

今回の写真は、神奈川県小田原市に位置する小田原城です。歴史的に見ますと、上杉氏(1561)、武田氏(1569)。そして、天下統一を目指した秀吉軍(1590)の総攻撃を受けたお城となっています。


小田原城址公園概要→こちら

>小田原城が初めて築かれたのは、大森氏が小田原地方に進出した15世紀中ごろのことと考えられています。1500年ごろに戦国大名小田原北条氏の居城となってから、関東支配の中心拠点として次第に拡張整備され、豊臣秀吉の来攻に備えて城下を囲む総構を完成させると城の規模は最大に達し、日本最大の中世城郭に発展しました。


IMG_0863.jpg

こちらの写真は、JR小田原駅の改札付近に設置されている巨大ちょうちんです。城下町ならではの発想だと思いました。インパクト絶大です。


IMG_0897.jpg

まずは、正規登城ルート・正面入口に建てられている馬出門(うまだしもん)です。


IMG_0865.jpg

馬出門を抜けると、そこには二の丸へ続く銅門(あかがねもん)があります。何故かこの写真だけ青空が降る少年w タイミングですかね。


IMG_0891.jpg

銅門を抜けた先には、歴史見聞館と常盤木門に続く階段があります。


IMG_0889.jpg

こちらが、本丸に続く常盤木門(ときわぎもん)となります。


IMG_0888.jpg

本丸には、鎧兜や着物の貸出サービスを行っている場所がありました。 →こちら


IMG_0877.jpg

いよいよ小田原城天守閣でございます。城内は、古文書、絵図、武具、刀剣などの歴史資料の展示室となっていました。


IMG_0887.jpg

別角度から見た小田原城天守閣です。


IMG_0882.jpg

標高約60メートルの最上階(お土産ショップ)からの景色(真鶴、伊豆方面)です。


IMG_0884.jpg

同化した小田原の海と空です。雲多すぎw 柵いらないw


IMG_0868.jpg

最後は、小田原城址公園外から直接二の丸に続く学橋から撮影した馬出門付近の写真です。風情という意味では、これが一番かもしれませんね。お城を去った後は、御幸の浜海岸に行き、帰宅の途につきました。



☆あとがき→晴天には恵まれなかったものの、地元の歴史に触れ、漠然としか知らなかった北条氏(北条五代)について興味を持てたことを考えると、本当に有意義な小田原の旅であったと思います。またいつの日か、さらなる知識を得て小田原の地に足を運びたいですね。ありがとう小田原♪


IMG_0915.jpg

小田原の海、御幸の浜海岸です。


IMG_0925.jpg

小田原駅の西口に建てられている北条早雲像です。 ※小田原城は東口。
スポンサーサイト

| Judgement | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tk56.blog21.fc2.com/tb.php/1043-d2c7e9d8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。