Judgement

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

☆目指せ!! 世界遺産 武家の古都『鎌倉』☆

「武家の古都 鎌倉」世界遺産登録をめざして -鎌倉市公式サイト-

>鎌倉の歴史的遺産は、1992年(平成4)に「古都鎌倉の寺院・神社ほか」として、ユネスコ世界遺産委員会の暫定リストに掲載されました。以後、鎌倉市では、歴史的遺産の学術的調査や鎌倉の独自性に関する検討を重ね、2004年(平成16)に「武家の古都・鎌倉」という考え方(コンセプト)をまとめました。

鎌倉市では、この「武家の古都・鎌倉」というコンセプトに基づき、武家文化の成立と発展に深く関わる歴史的遺産(史跡)を、世界遺産登録の対象構成資産に位置づけるとともに、保護を図っていくために必要な国指定史跡の指定や保存管理計画の策定、対象構成資産の周辺の景観や環境を保護する緩衝地帯(バッファゾーン)の検討などを行いました。また、対象構成資産が鎌倉市だけでなく、隣接する横浜市、逗子市にも所在することから、2007年(平成19)に、横浜市、逗子市及び広域行政を担う神奈川県の4県市の連携による、地元自治体としての準備体制を整えました。

その後、4県市により、ユネスコに提出する推薦書案の検討・作成に本格的に取り組んできましたが、鎌倉の遺産の価値について国際的な視点からの協議を行うため、2009年(平成21)以降、文化庁との共催により、海外の専門家を招いた国際会議を開催しました。その結果、海外の専門家から登録の可能性について一定の評価が得られ、その成果等に基づいてユネスコへ提出する推薦書案がまとめられました。

そして、2012年(平成24)1月には、「武家の古都・鎌倉」の推薦書(正式版)が、国からユネスコ世界遺産センターへ提出されました。

手続きが順調に進んだ場合、今年の夏から秋頃にユネスコの諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)による現地調査が行われます。2013年(平成25)5月頃にはイコモスから評価結果が勧告され、夏頃に開催されるユネスコ世界遺産委員会における審査を経て、登録の可否が決定される予定です。

鎌倉文化財の世界遺産登録に向けて
武家の古都鎌倉 世界遺産登録をめざして


「武家の古都・鎌倉」の世界遺産登録に向けた取り組みについて -横浜市-

>横浜市では、「武家の古都・鎌倉」世界遺産登録を神奈川県及び鎌倉市・逗子市の関係4県市と共同で推進しています。12世紀末、鎌倉では武家による初めての全国政権が樹立され、以後約700年間にわたる武家社会が切り開かれました。

同時に、現代の日本社会や文化にも大きな影響を与えた武家文化が誕生した「武家の古都」です。登録候補遺産は、鶴岡八幡宮や建長寺、円覚寺、鎌倉大仏など鎌倉市の文化財を中心に、称名寺や朝夷奈切通、名越切通、和賀江嶋など横浜市・逗子市を含む国指定の史跡や名勝、重要文化財、国宝で構成されています。 横浜市の候補遺産は、国指定史跡称名寺境内と国指定史跡朝夷奈切通の2件です。


fc2blog_2012062817505387f.jpg

横浜鎌倉路線図


何が面白いって!! 世界遺産の登録候補の中に鎌倉市外の文化財があるということ。これは最近知ったことなのですが、横浜市金沢区に位置する『称名寺(しょうみょうじ)』と『朝夷奈切通(あさひなきりどおし)』の二つがうちの地域では選ばれているそうなんです。ちなみに、逗子の候補は『名越切通(なごえきりどおし)』。故に4県市による連携なんですね。

鎌倉へのアクセスは基本1ルート。☆横浜→保土ヶ谷→東戸塚→戸塚→大船→北鎌倉→鎌倉☆ ※根岸線ルートは時間がかかるので、横浜乗り換えをおすすめします。



fc2blog_201206271436301e5.jpg

こちらの写真は、八幡参道 段葛です。鶴岡八幡宮に近づくにつれて道幅が狭くなっており、遠近法によって参道の向こう側がより遠くに感じられるようになっています。


fc2blog_201206281742450bf.jpg

こちらの写真は、鎌倉五山 第四位の浄智寺(総門)です。葛原岡ハイキングコースの起点となっている場所ですね。


fc2blog_2012062817373071c.jpg

こちらの写真は、鎌倉五山 第二位の円覚寺(総門)です。社会科見学の生徒さんがまず最初に訪れる場所ですよね。舎利殿→国宝


IMG_0474.jpg

こちらの写真は、昨年撮影した長谷寺(本堂)ライトアップバージョン(冬季限定)です。長谷観音は本堂の中にあります。


IMG_0411.jpg

こちらの写真は、昨年撮影した報国寺の本堂裏側に位置する竹林です。奥には抹茶を嗜むことが出来る茶屋があるんですよ。
スポンサーサイト

| Judgement | | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tk56.blog21.fc2.com/tb.php/1113-3760b763

TRACKBACK

-

管理人の承認後に表示されます

| | 2012/07/01 17:24 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。