Judgement

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

☆陽子&猶本で1位突破だ/U-20女子W杯☆

陽子&猶本で1位突破だ/U-20女子W杯

>サッカー・U-20日本女子代表合宿(24日、東京都内)1次リーグA組で首位の「ヤングなでしこ」が26日の同組最終戦・スイス戦(国立)に向け2部練習。午後のミニゲームでは、MF猶本光(18)=浦和=とMF田中陽子(19)=INAC神戸=がダブルボランチを組み躍動。準優勝した2010年のU-17女子W杯で攻守の要となった“ビューティーペア”の再結成で必勝を誓った。日本はスイス戦で引き分け以上なら決勝トーナメント進出が決まる。

突然のアクシデントで猶本&田中陽のダブルボランチが復活した。2部練習だったこの日、午後の練習を前に主将のMF藤田が疲労でダウン。スイス戦を前に、ヤングなでしこの攻撃を組み立ててきた主将の離脱だったが、ミニゲームでは代わりに田中陽が猶本とのコンビで、あうんの呼吸を見せた。「陽子は結構攻撃的なので、攻撃はリズムよくいけてると思う」と猶本が口にすれば、田中陽も「お互いやりやすいし、役割もはっきりしている。今までの感覚もある」と応じた。

2人は2年前のU-17女子W杯(トリニダード・トバゴ)で準優勝を果たした際にもボランチを組んだ最強コンビ。吉田弘監督は「藤田はホテルで別メニュー。試合は問題ない」と強調したが、開幕前の壮行試合を含めれば26日のスイス戦で4試合目。それでも猶本は「まだ18なんで」と白い歯を見せ、「若さで乗り切ります」と力強く話した。

前戦で1ゴール1アシストの田中陽は、「スイス戦ではまた点を獲りたい」と3戦連発を宣言。猶本も「バランスが崩れるから、私は少し我慢しないと」と言いながら初戦でスーパーゴールを決めており、「米国、ドイツ、北朝鮮とやりたい」と、はやその瞳は決勝トーナメントを見つめる。宮城から残暑厳しい“聖地”国立競技場に戦いの場は移るが、元気いっぱいに快勝を目指す。
スポンサーサイト

| Judgement | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tk56.blog21.fc2.com/tb.php/1147-8052ed9a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。