Judgement

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

つんく♂声帯摘出…小室哲哉「涙が止まらなかった」

つんく♂声帯摘出…小室哲哉「涙が止まらなかった」

>音楽プロデューサーの小室哲哉(56)が4日、自身のツイッターを更新。同日、声帯の摘出手術を受け、声を失ったことを告白したつんく♂(46)の決断、そして周囲でサポートする家族と仲間への思いをつづった。

公表前に二人でランチをとりながらいろいろ話したという小室は「つんく♂」の書き出しで「音声で言いたい」と苦しい胸中を吐露。“音楽仲間”としてのつんく♂の決断には「凄い! 優しい! 強い!」と思いをつづり「一緒に何かやっていこうと強く約束しました」と明かした。

つんく♂を支える「奥さん、お子さん、仲間もすごいサポートだと思います」と続けた小室だが、それでも、最後は「ゴメン、別れてから涙が止まらなかったよ」とつらい思いをつづった。

つんく♂は同日、母校・近畿大学(大阪府東大阪市)の入学式にサプライズ出演。ステージ上の大型スクリーンでは“活字”と司会の代読により後輩へのメッセージが届けられ「なぜ、今、私は声にして祝辞を読み上げることが出来ないのか…それは、私が声帯を摘出したからで、去年から喉の治療をしてきましたが、結果的に癌が治りきらず、摘出するより他、ならなかったから一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました」と伝えられた。

小室哲哉、つんく♂から事前に報告受けていた「涙が止まらなかった」


カイキゲッショク、皆既月食の明日「Burning Love feat T.K.」リリース。小室哲哉のキーボードもMVで燃えあがる?

>リーダーHIRO率い、ZeebraやJESSE(RIZE/The BONEZ)、K-A-Z(sads)などジャンルに囚われず各界からオリジネーターたちが集結した音楽集団「カイキゲッショク」。2009年の結成以来、フェイスペイントを施した特有のビジュアルでさまざまなロックイベントを賑わしてきた彼らが、4月4日(土)の皆既月食に合わせ、新曲「Burning Love feat T.K.」を配信リリースする。

今作では、小室哲哉を迎え、彼の表現するダンスビートの中にカイキゲッショクの骨太なバンドサウンドが融合。MC達は、今作のテーマである「燃え上がる愛の形」をそれぞれの表現方法で紡ぎ、問い掛ける様に、熱く激しく、甘く、荒々しく歌い上げている。

また、公開されたミュージックビデオは同集団のメンバーでもあるpecchini(薗田賢次)の監督によるものだ。そして、本編に出てくる巨大な壁面のグラフィックペイントは、ブランド「ACC」の首領である「TOMI-E」。映像内では、小室氏のキーボードが燃え上がる(?!)シーンもあるので、その点にも注目して欲しい。

カイキゲッショク、小室哲哉をフィーチャーした新曲リリース
スポンサーサイト

| Judgement | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tk56.blog21.fc2.com/tb.php/1558-c1040131

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。