Judgement

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小室哲哉「globe」楽曲制作に着手、KEIKOの歌唱は「大変な道のり」

小室哲哉「globe」楽曲制作に着手、KEIKOの歌唱は「大変な道のり」

>音楽プロデューサーの小室哲哉(56)が5日、今年で結成20年目を迎えた音楽ユニット「globe」の楽曲を作り直す作業に取り組んでいることを明かした。また、KEIKOの現状についても触れ「プロの歌唱などは高次機能障害の中では大変な、道のりなのが、現実。頑張ってサポートします」とも綴った。

小室は「globe2015、絶賛制作中!」などとクラブイベントで先行して聴いてもらう方針を打ち出し、「夏まで、お待ちを」とglobeがデビューした8月へ向けて準備を進めていることを報告。

これにファンは「往年の、極上の名曲達の2015ver…」「いよいよglobeの20周年year始動ですね」などと歓喜の声を挙げている。

小室は「globeの何百曲の中から、悔いが残っている楽曲をKEIKOのトラック、マークのトラックだけを残して作り直しています」と明かし、「リプロダクションではなく、RETRACSと呼びます」と説明を加えた。

そして、「時間の許す限り曲数は増やしたいなと、思い、クラブでは、先行して聴いてもらいます。楽しい」とし、クラブイベントでの先行公開をスタートさせる方針を綴っている。

これにファンは歓喜の反応。「めっちゃ楽しみ」「早く聞きたい」「KEIKOさんの声聴きたい!」「往年の、極上の名曲達の2015ver…想像しただけで戦慄が走る」「やっとglobeの快進撃」「いよいよglobeの20周年year始動ですね」などと喜びのリプライを続々と届けている。

さらに、小室は「globe2015、絶賛制作中!」と自らもテンションが上がった調子でツイートを綴り、来週のイベントから「ちょっとだけ」聴けることを報告。ファンからは「Love again」「Feel Like Dance」「SWEET PAIN」などglobeの名曲の数々がリクエストされている。

ただ同時に、病気のため療養中のKEIKOが現状で歌うことができるのか、との問いかけがファンから相次ぎ、小室は率直な胸の内を吐露した。

「なんとかしたいよねーまさに。声だけのトラックを聴くと昨日歌ったような、新しい声なので。ただ、プロの歌唱などは高次機能障害の中では大変な、道のりなのが、現実。頑張ってサポートします」

小室は壁が高いことを実直に受け止め、KEIKOのチャレンジを全力で支える覚悟を綴っている。

なお、小室によるとKEIKOの現状の音楽に対する意欲は「ピノ一個くらい」とのことだ。

小室は改めて、「ヒット曲選曲ではなく、もっと、みんなに響いたのにと思う曲を選んでます。夏まで、お待ちを」と今回の“RETRACS”には、当時のglobeの想いが伝わり切れなかった楽曲を選ぶことを示唆。globeがデビューした8月に向けて自らも期待感を抱いている心境を綴り、ファンは「KCOさん待ってます」と夢の実現への渇望を募らせている。

globeは、1995年8月にデビューした小室、KEIKO(KCO)、マーク・パンサーによる音楽ユニット。今年でデビュー20年目を迎え、小室は4月21日にツイッターで、「globe20歳のお祝いソングを創ります」と新曲を制作することを報告。「無理せずトライしてもらいます」と療養中の妻・KEIKOの参加も示唆していた。


小室、KEIKOの復活は「大変な道のり」と綴る

>音楽プロデューサーの小室哲哉(56)が2011年10月にくも膜下出血で倒れ、現在リハビリのため音楽活動を休止している妻で歌手のKEIKO(42)が歌手として復帰することについて、「大変な道のり」だとし、現実的に難しい認識を示した。

小室は5日に自身のツイッターを更新し、今年8月で結成20年目を迎える音楽ユニット「globe」の楽曲の中から「悔いが残っている楽曲」をボーカルとラップの部分以外を作り直していると報告。ユニット結成20年を記念し、「globe2015、絶賛制作中!」と制作活動をしていることをつづった。

これに対し、ファンから「けいこさん唄えるようにはなってきてるんですか?一曲だけでもいいから早くいまのけいこさんの歌声が聴きたいです!」といったコメントが寄せられ、小室は「なんとかしたいよねーまさに。声だけのトラックを聴くと昨日歌ったような、新しい声なので」と自身もKEIKOの“復活”を希望した。

しかし、「ただ、プロの歌唱などは高次機能障害の中では大変な、道のりなのが、現実。」とプロの歌手として完全に“復帰”することに関して高いハードルがあるとし、現実的に難しい認識を示した。それでも「頑張ってサポートします」と復帰に向けて、これからも支えていく決意を示した。

また、ファンから「そもそもKEIKOさんは意欲的なのですか?音楽に対して」と質問され、小室は「ピノ一個くらい」と6個入りアイスの1個に例え、KEIKOの現状を示した。

小室は4月21日にツイッターで「globe20歳のお祝いソングを創ります」とユニット結成20年を記念する楽曲作りを明かし、そこに「無理せずトライしてもらいます」とKEIKOの参加も示唆していた。
スポンサーサイト

| Judgement | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tk56.blog21.fc2.com/tb.php/1579-f1136b37

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。