Judgement

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

☆女性の内面の葛藤をロックに描いた「FACE」の真実とは?【実は大人な歌詞世界】☆

女性の内面の葛藤をロックに描いた「FACE」の真実とは?【実は大人な歌詞世界】

>2015年8月に、小室哲哉率いるユニットglobeがデビュー20周年をむかえる。globeのオフィシャルサイトでは新プロジェクトへ向けてカウントダウンが始まっている。

そこで注目したいのが、1996年1月にリリースした400万枚以上を売り上げたデビュー・アルバム『globe』が、現在iTunesチャートで1位に返り咲いていている現象だ。しかも、その後もTOP10内を維持しつづけている。ここから読み取れることは何だろうか? もしかしたら、デビュー以降に生まれた新しい世代にもglobeが歩んできた足跡が再評価されているのかもしれない。

globeといえば、デビュー・アルバム『globe』の後にリリースした8枚目のシングル「FACE」が忘れられない。130万枚以上セールスしたヒット曲ではあるが、本作で当時スタジオにこもりっぱなしだった小室哲哉が描いた世界観は、オルタナティヴなサウンドに乗せて女性の内面を描いた歌詞世界へ踏み込んでいることが興味深い。軽々しくJ-POPと、一言で切り捨てられない、濃密に人間を描いた魅力を感じるのだ。

1997年、リリース当時のglobeの人気はピークを迎えていた。全国ドームツアーを成功させた頃だ。今でいうEXILEのようなビッグな存在感だったかもしれない。しかし、そんな好調期にリリースされたとは思えない小室哲哉によるディープな歌詞の魅力に注目したい。テーマは、ヴォーカリストであるKEIKOをイメージしたであろう20代のOLの葛藤を描いている。大人の女性が仕事や日常生活がうまくいかないことの悩み。そして、過ぎ去りつつある青春への焦りと向き合うことから生まれた、哲学的な言葉のセレクトが絶妙なのだ。

楽曲は、“太陽がのまれてく”という真夜中の心理描写からはじまる。そして“反省は毎日で 悔やまれることが多すぎて 青春が消えてゆく でも情熱はいつまでつづくの”というフレーズから、自己と向き合っている様が伝わってくる。ストレスを抱えた感情の爆発が炸裂する“少しくらいはきっと役にはたってる でもときどき 自分の生きがいが消えてく 泣いてたり 吠えてたり かみついたりして そんなんばかりが 女じゃない”という言葉が胸を突き刺しつつも、サビである有名フレーズ“鏡に映った あなたと2人 情けないようで たくましくもある 顔と顔を寄せ合い なぐさめあったらそれぞれ 玄関のドアを1人で開けよう”によって、突き抜けたい様をロックなサウンドとともに共鳴している。

いつの時代でも共感を呼ぶであろう女性の内面の葛藤を、リアルに冷静に表現したオルタナティヴなロックチューン「Face」は、時代に残るヒット曲と記録されている。しかし、小室哲哉が描いた歌詞の魅力の真意は伝わっているだろうか? 90年代、当時、学生だったリスナーも多いことだろう。ぜひ、あらためて“実は大人なglobeの歌詞世界”と向き合って欲しい。自らの琴線に触れる、記憶に残り続けるフレーズと出会えることだろう。


TK音楽ライフをヒストリカルに恋愛と掛け合わせた名作ロック「FACES PLACES」の存在!

>2015年、デビュー20周年をむかえるglobeが『baby globeオーディション』を発表した。いわゆる1995年、globe誕生後の世代から女性ヴォーカルと男性ラッパーを募るという企画だ。音楽文化の継承? 20周年の祭? いまだ多くは語られていない謎めいたプロジェクトだが、その動向に注目したい。

1996年にリリースされたglobeの1stアルバム『globe』は、洋楽アーティスト2 アンリミテッドを意識したスタイルで電撃的に結成され、400万枚を売り上げた。小室ファミリーとして先んじてブレイクしたtrfによるダンスミュージックにカラオケ的な要素を掛け合わせ一般化したTKサウンドな方法論を、globeでさらに押し進めたのである。

その結果、1997年にリリースされた2ndアルバム『FACES PLACES』では、小室哲哉による私的なメッセージ性を強く感じるロックスタイルの作品へとシフトチェンジがおこなわれている。小室哲哉は、自身のユニットTM NETWORKでも見られるのだが、ダンスミュージックに振り切った後は自身のルーツであるプログレッシヴ・ロック的なロック・テイストにより戻ることが多い。そして、そのギャップが大きければ大きいほど傑作が生まれている。

“One more time ゲームやらせて 今度は私にカード切らせて あなたは甘やかしてはくれない いつも ジョークでも 嫌いって言いたくはない”

と、はじまる40万枚を売り上げたシングル「FACES PLACES」の歌い出しからは、新たな一歩を踏み出す決意表明のような熱意を感じ取れる。そして、謎掛けのように1970、1981、1984、1994、1997という年号が歌詞で続いていく。その答えは、小室自身の音楽人生に由来すると言われている。

1970年:大阪万博でシンセサイザーと出会う
1981年:バンドSPEEDWAY(東芝EMI)に加入
1984年:TM NETWORK(EPIC)がデビュー
1994年:TMNの終了
1997年:本作『FACES PLACES』のリリース

そんなヒストリカルな年号キーワードと恋愛を掛け合わせ、年代ごとにサビが激しさを増し、ハイトーン・フレーズが爆裂するロックチューンに仕上げられた「FACES PLACES」。最高の人生=“BEST OF MY LIFE”の追求とは何なのかという問いを、究極的な高音ヴォイスで極限まで高め、追い求めていく。しかし、楽曲のラストではアコースティック・アレンジによって、“I'm still, I'm still, I'm still……”とせつせつと歌われていく様からは、青春の終わり、諸行無常なせつなさが感じられる。小室ファミリー作品の大ヒットによって90年代音楽シーンのトップを走っていた小室哲哉が抱えていた心象風景があらわれている楽曲なのかもしれない。
スポンサーサイト

| Judgement | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tk56.blog21.fc2.com/tb.php/1582-32dc05a5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。