Judgement

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小室哲哉を狙う闇勢力 10億円生命保険と暗殺パニック(週刊大衆)

小室哲哉を狙う闇勢力 10億円生命保険と暗殺パニック(from 週刊大衆)

『小室の側近だと語っていた元事務所幹部のA氏が突如、失踪してしまったというんです…』 (事情をよく知る芸能関係者) 著作権をめぐる5億円詐欺事件で逮捕、起訴された音楽プロデューサーの小室哲哉被告は、11月21日に3000万円の保釈金を支払い、大阪拘置所から保釈された。

ところが、前述のとおり、自称・側近のA氏が小室被告が保釈される直前に姿を消した。一部では何か事件に巻き込まれたのでは、といわれている。『A氏は大風呂敷を広げ、小室に無断で出資話を進めていました。しかし、小室が逮捕されたことで、強面筋からねじ込まれたのではないかといわれていますね。

また、小室関連のパチンコ台の話も進めており、すでに手付金として3500万円を受け取ったとされ、金銭トラブルに発展していたと聞いています。』(前同) A氏は11月12日、小室被告の妻・KEIKOの父一周忌法要に参列するため、大分県臼杵市まで飛び、そこで姿が目撃されて以来、消息が途絶えてしまっとされる。

同氏の元には複数の人物から追い込みの電話があったといわれる。なかには、カネを返せ!さもなければブっ殺す!と脅迫めいた内容もあったと噂されるほど、緊迫した状況になったようだ。

『このため、A氏が持ちかけていた出資話のトラブルが小室の元に飛び火し、闇勢力が押し掛けるのではないか、といった心配の声が挙がっているといいます。』(大手芸能プロ幹部)  どうやら、A氏が謎の失踪を遂げたことで、小室被告の周辺は厳戒態勢が敷かれ、暗殺パニックに震撼としているようだ。

このため、同被告の居場所は現在、一切、シークレットにされている。一方で、今回の逮捕に、芸能界では同情の声も広がりつつある。『20億円近い借金に膨れ上がった小室の窮地につけ込み、彼の知名度や音楽利権がまだ利用できるんだと踏んだ悪徳ブローカーらが暗躍。

逮捕直前まで違法スレスレの話を複数持ちかけていたというんです。このため、彼は次第に追い込まれていきました…』(全国紙社会部記者)

実際、今回の詐欺事件を起こす引き金となったのは、年利換算60%という超高金利で融資を受け、その返済に窮ししたためと報じられている。 <ACホールディングス>

一部省略


ここ数年、同被告は、こうした闇の住人に甘い汁を吸い尽くされていたようだ。『たとえば、振興芸能プロが小室プロジェクトと称し、昨年頃から同社未公開株売却(計3億円)を投資家らに持ちかけていたんですよ。

しかし、小室が逮捕され、投資家の一部からは、集まった資金は何に使われたのか?と心配する声が出ているといいます。』(音楽関係者) また一方では、計12億円のファンドを組んで小室被告を支援し、5年間でおよそ20億円の運用益をあげるという企画書を持ち歩いていた株式ブローカーもいたとされる。

『投資ジャーナル事件にもつながる一派らしいんですが、小室の関係者と勝手に名乗り、事業計画書を見せて信用させ、韓国や中国の投資家からカネを引き出そうとしていたといいます。集まった資金で、小室の看板をデカデカを掲げた巨大ビルを建てようと吹聴していたともいわれていますね。』(芸能関係者) 

こうして、小室被告はさんざん食い物にされ、最後は命の換金まで迫られる計画が進行中だったという。『今回の詐欺事件の被害者への支払い期限が迫っていた9月末頃、小室は周囲のブローカー連中から、10~12億円の生命保険に加入するように、厳しく迫られていたんです。

高額の保険に入れば、それを担保にさらに裏金融からカネを引き出せるという話でした…』(前述音楽関係者) その話を持ちかけられた小室被告は10月以降、借金苦とブローカーからの圧力に相当追い詰められていたようだ。『一時、体調を崩し、多量の睡眠薬を常用したといいますよ。』(レコード会社の幹部)



ついに東京地検も動き出す!?

驚くのは、小室被告が保釈されてもなお、闇の勢力の面々は彼の名前をカネ儲けに利用しようと蠢いている、とされることだ。『出身大学である早稲田OBを名乗る面々が小室救済基金なる投資話を募るといった話まで浮上してきている。』(IT会社の社長)

まさに有象無象が小室被告に群がったわけだだが、行方不明だとされる自称・側近のA氏もまた、最後はこの天才プロデューサーを食おうとした一人だったようだ。 『A氏は一時、小室にうまく取り入ったんですが、彼が逮捕されると、いきなり豹変したようですね…。

驚いたことに、小室や妻のKEIKOの貴金属類や高級ブランド品など400万円相当を無断で持ち去ったというんですよ。』(前述・事情通)

A氏に関しては、次のような話も伝わってきている。『彼は小室を助けるどころか、話を余計にややこしくしている面がありました。たとえば、今回の5億円詐欺の被害者も、A氏が書類提出や質問状を無視した不誠実な態度に業を煮やし、最後は大阪地検に刑事告訴したのでないか、といった話も流れているぐらいです。』(前同)

本誌はA氏に真意を質すべく、携帯電話へ何度も連絡した。だが、電話音が鳴り、留守番電話に切り替わるだけで応答はなかった。… 『小室被告を逮捕したのは大阪地検ですが、その後、闇勢力の実態が明らかになったため、今度は東京地検が引き継ぐ形で捜査を開始するといわれています』(捜査関係者)

事件は新局面を迎えることになりそうだが、気になるのは小室被告の身の上だ。

別の音楽関係者が続ける。 『小室には、KEIKOと一部保釈金を立て替えた大手レコード会社・エイベックス、それから保釈時の会見を仕切るなど、小室夫妻が絶大の信頼を寄せる現マネージャーついていますからね。きっと、この苦境を乗り越えてくれるはずです。

詐欺の被害者への返済も、支払えるメドが立ったようですしね。』 弁護士の山口宏氏が、同被告の今後をこう推察する。『詐欺事件で判決が下される際に、詐欺の残額が500万円未満の場合、執行猶予付きとなるケースが多いんです。』

-抜粋終了-


記事の全てを鵜呑みに出来るかどうかと言えばNOだけど、当たらずとも遠からずってところですかね。女性自身の記事では、誕生日に二人で外でお祝いしたなんて書いてあったけど、怖すぎ・・・狙われたらどうするんですか・・・ちゃんとスタッフを交えてお祝いしたんだよね?

夫婦の絆/KEIKO-夫50歳誕生日に再会の涙-再起を誓った対面3時間
スポンサーサイト

| Judgement | | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>Moulin rougeさん

これから大事な裁判があるというのに大変ですよね。ファンとしても、日々の安否が気になって仕方がありません。ゴッドを名乗るイーミュージックのKAZUKIも本のことで接触しようとする気がしますし・・・でも、その辺のことはエイベックスが護ってくれるとは思いますが。

マネージャーの件はどうなんでしょうね。絶大の信頼を寄せるマネージャーがどの人を指すのかは不明ですが、もしかしたらGVDの中に映っている人なのかなぁ?なんて思っちゃったりしています。

| 管理人mk566 | 2008/12/10 | URL | ≫ EDIT

心配な日々は続きますね(>_<)

こんにちわ。Moulin rougeです。
いろんな週刊誌に様々な事が書かれていてちょっと怖いです。
今でもまとわりついてる人がいると思うと、ぞっとします。

A氏が気になるところです。昔からのマネージャー達は逮捕時にはもうすでにTKには関わっていなかったのでしょうかね?

| Moulin rouge | 2008/12/06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tk56.blog21.fc2.com/tb.php/407-829c0118

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。