Judgement

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

JASRACに著作権使用料の分配が保留されている小室作品11曲を探せ!! 著作者人格権と著作権

文化庁に登録されている小室哲哉氏の管理作品の取扱いについて

>小室哲哉氏が作詞あるいは作曲した作品のうち、著作権が同氏の関連会社に譲渡され、文化庁にその登録がされているものは、全部で33作品※です。JASRACは、このうちの11作品について、現在、著作物使用料の分配を保留しています。
なお、一連の報道の中には、著作者が音楽出版者に著作権を譲渡しなければ、JASRACが著作権を管理しないかのような誤解を与える恐れのある記述が一部に見受けられますが、JASRACは、著作者から直接信託を受けた作品も管理していますので、誤解のないようご留意ください。

法律上は詞と曲はそれぞれが一つの著作物として扱われるため、著作権登録原簿上の登録件数は、これよりも多くなります。文化庁がインターネット上で公開している登録状況検索サービスにより確認(11月6日現在)。


小室哲哉の名前で文化庁に登録されている33曲はこちらです。そのうちの11曲が二重譲渡の件で問題となった為、著作権使用料の分配を見合わせていると思われます。
前にも来ましたが、小室曲の著作権一部を管理しているエイベックスは、JASRACから著作権使用料の分配に疑義があると連絡を受けて、トライバルの平根社長(起訴猶予)に対し文化庁への登録を抹消するよう依頼していたそうです。しかしながら、平根社長はエイベックスの依頼に応じず、今日に至ってしまったというわけです。


EZ DO DANCE、DEPARTURES、Body Feel EXIT、SEE THE SKY、survival dAnce、CRAZY GONNA CRAZY、toi et moi、CAN YOU CELEBRATE?、WOW WAR TONIGHT、genesis of next、Many Classic Moments、Perfume of love、DON'T LOOK BACK、INSPIRED FROM RED & BLUE、Get Wild、BEYOND THE TIME、Feel Like dance、寒い夜だから・・・、You're my sunshine、SWEET 19 BLUES、BOY MEETS GIRL、NEVER END、the meaning of peace、try this shoot、a song is born、happy wake up!、BRAND NEW TOMORROW、BE TOGETHER、My Revolution、悲しいね、LOVE TRAIN、Kimono Beat、BELIEVE

文化庁登録状況検索



音楽業界、甘い権利意識 -YOMIURI-

>音楽出版社「エイベックス・エンタテインメント」(東京都港区)は、譲渡を受けた小室容疑者の作品のうち11曲について昨年末、JASRACからの連絡で、トライバルキックスによって文化庁に登録されていることを知った。著作権使用料の分配も差し止められているという。エイベックスは「訴訟を起こすかなど対応は未定」としている。


この記事によると、やはり二重譲渡の件で問題となっている楽曲は、全てエイベックスからリリースされたものと判断されますね。著作権使用料の分配保留はいつ頃解除されるのでしょうか?昨年末から分配保留されているということなので、相当な額の使用料が溜まっているはずです。

それにしても、文化庁に登録されている小室曲のセレクト基準が分かりません。大ヒット曲や知名度の高い曲という基準なら分かり易いのですが、I'm proudや恋しさとせつなさと心強さとは登録されていませんし、Kimono Beatの様なアルバムの曲までもが登録されていますからね。

ちなみに、文化庁の検索で出てくる著作者とは著作者人格権を持つものを指していると思います。


☆著作者人格権

著作者人格権(ちょさくしゃじんかくけん)とは、著作者がその著作物に対して有する人格的利益の保護を目的とする権利の総称である。

ベルヌ条約上、著作者人格権は財産権としての著作権(狭義の著作権)が他者に移転された後も著作者が保有する権利とされており(ベルヌ条約6条の2第1項)、一身専属性を有する権利として把握される。つまり、権利の主体は著作権者ではなく、あくまでも著作者である。また、保護の対象が財産的利益ではなく人格的利益である点で、狭義の著作権(著作財産権)と区別される。


DEPARTURES/globe(1996)
作詞作曲編曲:小室哲哉
Rap:MARC

発売元:avex globe
音楽出版:エイベックス
著作者人格権=小室哲哉


しかし、事件から二ヶ月近くも経っているというのに、トライバルキックスが文化庁への登録を抹消しないのは何故?原盤を持っているのはエイベックスですし、著作権を所有しているのは、エイベックス・バーニング・ライジングあたりでしょう。意味不明ですね。登録を抹消するのに著作者人格権保有の小室哲哉の承諾でも必要なのでしょうか?早く、解決して貰いたいですね。
スポンサーサイト

| Judgement | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tk56.blog21.fc2.com/tb.php/439-f75a8ac0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。