Judgement

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラストプレゼント!!

“歩む道は違えど、志しは一つ” 激動の世紀末(1995-2000)を駆け抜けた最強のタッグ!!まずは、よこぞこれ程までの曲を安室奈美恵に遺してくれたと言いたい。

『遺してくれた』という言葉から、おそらく一般の人は『キャンユー』、『ドンワナ』、『S19B』などの大ヒット曲を思い浮かべるとは思いますが、ここで語るのは別の曲です。


小室さんがプロデュースした最後のアルバム『break the rules』に収録されている『HimAWAri』と『no more tears』。

『HimAWAri』=アルバムのフラゲ日にCDショップで流れているのを聴いて、『これはキタ!!絶対にアルバムの核となる曲だ!!』と直感した名曲。

『no more tears』=実はこの曲、いいと思い始めたのは3年ぐらい前からなんですよね(笑) それでまでは曲は知ってるけど、上位に来る様な曲ではなかった。趣向が広がったのか? いや、小室不足の中で必死に見出した曲ではないかと思う。他にも似たような形で好きになった曲はあるけど、『no more tears』はその代表格。



理想、願望、予想、拒否、抵抗と様々な感情が交錯する噂の50曲ですが、安室奈美恵に関しては先に述べた5年間で幕を降ろすのが賢明かと。

もちろん、『こっち(安室サイド)から願い下げ!!』という意見もあるしょう。
むしろ、『ノンフィクション』という伝説を創るにはそちらの方が好都合だ!!

だからこそ、光るこの2曲。
小室哲哉からのラストプレゼント!!





HimAWAri/安室奈美恵





no more tears/安室奈美恵




2vmsr-5-1b31.jpeg

オリコンでの対談①


2vmsr-6-1b31.jpeg

オリコンでの対談②


37ygg-3-211b.jpeg

千葉マリンスタジアムでのフィナーレ!!


harp905-img600x480-1138785096ongakutairon40002_convert_20091008012701.jpg

TK MUSIC CLAMPでのワンショット!!
スポンサーサイト

| Judgement | | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>信用できるアリバイ会社さん

どうも初めまして管理人のmk566と申します。安室ちゃんのヒマワリ、聴いてくれる人に出会うとなんだか嬉しくなってしまいます。

お気遣いありがとうございます。お互い体調には気をつけましょうね!!今後とも宜しくお願いします(´∀`)

| 管理人mk566 | 2010/04/08 | URL | ≫ EDIT

初めまして☆
こんにちは☆
アリバイ会社をやっているものです!
いつも楽しく拝見させていただいています(VvV)

あたしも一時期ヒマワリ
超ききまくってました(V vV)

雨の日が続いていますが
風邪ひかないように気をつけてくださいね☆
また遊びに来ます(^ ^)V♪

| 信用できるアリバイ会社 | 2010/04/07 | URL | ≫ EDIT

>globe again(& Dawn Valley)さん

You tubeのコメントには批判的な物も沢山あるので、いつも恐る恐るコメントを読むのですが、この2曲に関してはいいコメントばかりでしたね。コメントに励まされるなんて表現は少し変かもしれないですけど、心強く感じました(´∀`) 

このブログも及ばずながらお役に立てている様なので、これからも頑張らなくてはいけませんね。


>「想いが届けば それから答えが欲しくなる」

どうしてこんなにもファンの心境に見合ったフレーズが小室さんの楽曲には存在するのでしょう。驚きです。それを抜粋してくれるglobe again(&Dawn Valley)さんも凄いと思いますけどね(・∀・) その答え、早く欲しいです。 年内でのリリースは無理にしても、みんなの熱が冷めてしまう前に仕掛けて貰えると有りがたいです。

| 管理人mk566 | 2009/10/20 | URL | ≫ EDIT

>杏さん

現状に満足せず、さらなる高みを目指すところが安室ちゃんらしいですね。彼女自身の潜在能力はともかく、叩き上げでここまでやって来た人だからこそ生まれる言葉でしょうか。17年のキャリアは伊達じゃないか(´∀`) 

杏さんは安室奈美恵&VERBALのlovin’it(2001年)という曲はご存知ですか?安室ちゃんの単独名義ではないのでブログでは省きましたが。これも小室さんの曲なんですよ。知ってたらごめんね。

さらなる伝説の1ページにふさわしいコラボアーティストとして、そこに小室哲哉の名前が挙がるのならそれはそれで嬉しく思いますよ(・∀・)

| 管理人mk566 | 2009/10/20 | URL | ≫ EDIT

>まる菜さん

小室哲哉と安室奈美恵。それぞれの立場もありますし、綺麗に終われているからこそ壊したくないってのもありますよね。両方のファンだからこそ生まれる感情というか、あの時代における伝説的な物語の主人公は特別ですから。

前に『義理を果たし続ける安室奈美恵』なんてタイトルでブログを書いたことがあるんですが、どこかでまた安室ちゃんには小室さんの曲を歌って貰えると嬉しいですね。

楽曲を通して繋がってさえいればいいかなと。
安室ちゃんって義理固そうですもん(笑)

| 管理人mk566 | 2009/10/20 | URL | ≫ EDIT

自分も好きな2曲です。
HimAWAriをライブで歌っていたことは初めて知りました。いい動画を見つけると自分も紹介したくなってしまいます。ですが日記更新タイプではない自分のサイトは動画をupしすぎると重くなって再生に不備が生じることが悩みです。なので時々、mk566さんのブログに訪れて文章を読んだ後に動画を見ています。その後にyoutubeのコメントを見ると小室さんの曲や詞や良いと言ってる人を見ると嬉しくなりますね。後、動画のチョイスが良いです。

PS:自分のブログの所にもコメントありがとうございました。諸事情で記事自体を消したのでコメントまで消えましたがWordにコピペして保存しました。自分も同じく小室さんの次のアクションを楽しみにしてしまいます。思っていたより元気だったのでまた何か音楽で驚かすことや「きた!!!!!!」と思うような曲をやってくれそうな気がしてます。

「安室奈美恵/a walk in the park(作詞:小室哲哉/1996年)」の

「想いが届けば それから答えが欲しくなる」

この歌詞のフレーズが小室哲哉サイン&握手会で小室さんと会話した人たちのすべての気持ちを代弁してると思いました。どんな答えになるか楽しみです。

| globe again(&Dawn Valley) | 2009/10/11 | URL | ≫ EDIT

安室ちゃんが今表紙の雑誌でロックについて語ってる雑誌があったんですけど、その雑誌にこれはダメと言われるとやってやろうと思っちゃうとか
今の状態で満足しないで新しい事をやりたくなるみたいな事が書いてあって小室さんと似てるなと思いました。
私は今高校生なんですけど安室ちゃんから小室さんのファンになったので個人的には
また安室ちゃんに一曲ぐらい曲提供をして欲しいと思いますw

| 杏 | 2009/10/10 | URL | ≫ EDIT

私も安室ちゃんとの曲では、数ある大ヒット曲よりこの2曲の方が価値があると思います!


『HimAWArI』は歌詞に"枯れ葉"が出てくるからなのか、TMの『STILL LOVE HER』の女性版のように思えてくる。
今からの季節にぴったりですよね♪


『no more tears』は発売当時、Mステで初披露した時から大好きでした。
独特の曲の柔らかさ、暖かさが今までの安室ちゃんには無かった感じで。


私も安室ちゃんとのタッグは綺麗に終われてると思います。
タッグを望んでないと言えば嘘になるけど、道は違う気がします。

| まる菜 | 2009/10/08 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tk56.blog21.fc2.com/tb.php/643-f5831fec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。