Judgement

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小室哲哉 復帰第一弾 逢いたい理由/AAA

小室哲哉 AAAで作曲家復帰

音楽プロデューサー・小室哲哉氏(51)が、男女7人グループ・AAA(トリプルエー)の新曲「逢いたい理由/Dream After Dream ~夢から醒めた夢~」(5月5日発売)で作曲家復帰することが7日、分かった。表題2曲を“TETSUYA KOMURO”名義で作曲し、“温かさ”と“力強さ”を表現したという両A面シングル。著作権譲渡をめぐる5億円の詐欺罪に問われ、執行猶予付きの有罪判決が確定した昨年5月から1年。作曲家として原点回帰した。

思わず口ずさんでしまう、懐かしの“小室サウンド”が帰ってきた。キャッチーなサビをミディアムテンポで歌い上げる「逢いたい理由」と、作曲家・小室の新たな一面を感じさせるダンスチューン「Dream‐」。60曲以上のデモ曲から選び抜いた復帰作は、対極の印象を与える2曲となった。

楽曲提供は、08年4月発売の妻・KEIKO(37)のソロアルバム以来、約2年ぶり。ダンスとボーカル、ラップによる独自のパフォーマンスを身上とし、恩人・松浦勝人氏(45)が社長を務めるエイベックスの今後を背負う存在となる将来性を感じたAAAを復帰作の相手に決めたという。

これまで90組以上のアーティストに楽曲提供してきた小室氏だが「始めの一歩なので、作曲からスタートさせていただきました。気に入っていただけたら、それ以上の喜びはありません」と初心に回帰。レコーディングも通常よりテイクを重ね、3カ月以上の制作期間をかけて完成させた。

AAAのラップ担当・日高光啓(23)も「今の小室さんと今のAAAのすべてを詰め込めた作品になりました」と手応え十分。

「Dream‐」にはこんな詞(し)がつづられている。「♪手にしたモノ、失ったモノ そのすべてが現実だって事 夢は過去になった、その過去をまたぎまた 光を求め夢の元へ」‐。昨年8月の野外フェスでステージ復帰し、今春にも九州でソロのピアノライブツアー3公演を開催してきた小室が、音楽プロデューサーとして再び光に向かって歩みを進め始めた。



小室 2年ぶり再始動 7人組グループ「AAA」に楽曲提供

著作権譲渡をめぐる5億円の詐欺事件で昨年5月に懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を受けた音楽プロデューサーの小室哲哉(51)が、作曲家として再始動したことが7日、分かった。男女7人組グループ「AAA(トリプル・エー)」に両A面シングル「逢いたい理由/Dream After Dream~夢から醒めた夢~」を提供し、5月5日に発売。小室が楽曲提供するのは、妻で「globe」のボーカルKEIKO(ソロ時は「KCO」名義=37)のソロアルバム「O-CRAZY LUV」(08年4月30日発売)以来、2年ぶりとなる。

小室は判決後の昨年8月から楽曲制作を再開し、これまでに約60曲のデモが完成。そんな中、AAA側が小室に楽曲提供を依頼した。

AAAは、08年1月にシングル「MIRAGE」で同グループ初のオリコンチャート1位を獲得し、最新アルバム「HEARTFUL」(今年2月発売)も同チャート3位を獲得するなど実力・人気ともに赤丸上昇中。小室もAAAに強い魅力を感じ、全面協力を約束した。

メンバー7人それぞれの個性を引き出すため、小室が熟慮を重ねて選んだのが、切ない心情を温かく歌い上げる「逢いたい理由」。一人一人が見せ場を持つようなパートを盛り込んだそうで、サビの部分は「小室ファミリー」と呼ばれるタレントを数多く輩出した全盛期をほうふつさせる高揚感があふれたミディアムバラードだ。

一方、「Dream-」は、新時代の小室サウンドと呼ぶべき疾走感あふれるダンスポップに仕上がった。

小室は「活動を再開できたことは率直にうれしく、周囲の皆さま、ファンの皆さまに心から感謝しております」とコメント。さらに「作曲家として世の中に楽曲を送り出す事ができるのがとてもうれしく、ただそれに尽きます。その楽曲を気に入っていただけたら、それ以上の喜びはありません。始めの一歩なので、作曲からスタートさせていただきました」と、過去の栄光はかなぐり捨て、謙虚な気持ちでアピールしている。

小室は、今年2-3月に熊本、福岡、鹿児島の3都市でピアノ演奏とトークショーによるワンマンライブを開いており、今後も全国で同様のライブを継続していきながら、音楽制作に取り組むという。


【AAAメンバーのコメント】

▼リーダー・浦田直也(27) ちょうど僕が中学生のころ、たくさんの小室さん楽曲が世にあふれていて、たくさんライブなども見に行きました。そんな小室哲哉さんに曲を書いていただいたのは、僕にとって奇跡です。タイムスリップができたら、当時の中学生の僕に「将来、小室さんに曲書いてもらえるよー!」って教えたいです。きっと驚くだろうなー。

▼西島隆弘(23) 小室さんの曲で歌えるのは、とてもうれしく思います。2曲とも、懐かしさもあり、新しい感じもします。皆さんの耳に届くのが楽しみです!

▼宇野実彩子(23) 懐かしくもあり新しくもあり、きっとみんなが聴きたかったのはこのメロディーだと思います。あこがれの小室さんとともに気合入れて作った自信作です。
スポンサーサイト

| 小室哲哉 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tk56.blog21.fc2.com/tb.php/711-ea742051

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。