Judgement

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小室哲哉は叩かれてなんぼ。

ここ30年、叩かれ続けた邦楽界の異端児・小室哲哉。そんな、小室哲哉のヲタをやっていると人間の醜い部分が垣間見えてある意味面白い。

小室哲哉が市場を独占した?糞曲の乱発で邦楽を壊した?それが事実なら、三流とされる小室哲哉一人に壊される様なヤワな邦楽だったと言っている様なもの。

それとも、90年代以前の80年代アイドル全盛期・ニューミュージック・フォーク・グループサウンズなどの時代を一蹴されたという意味で壊したと言われているのであろうか?

そんなのは被害妄想に過ぎないが(時代の流れとはそうゆうものである)、いずれにせよTM時代(1984-1994)では成し得なかった事を実現させる為に、日々の努力を重ねて来たわけである。

その結果、先輩であるユーミン・サザン・チャゲアス・後輩(元サポメン)のB'z・ドリカム・小林武史プロデュースのミスチルなどのトップミュージシャン達に対抗出来るようになったのだ。

しかしながら、1995年以降になると自身が流行ってしまい、寿命を縮める事になってしまった。小室哲哉がシンガーソングライターなら別だったが、、、


そして、1998年にデビューした宇多田ヒカルにトドメをさされる。

そんな彼女は奇しくも、Get Wildヲタであった。
スポンサーサイト

| 小室哲哉 | | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

買い取り出荷、自社買い的な事はよく聞きますが、特別許諾CD(レンタルショップは新人アーチストのCDをCD屋で買わなければならない)というものは初めて聞きました。
こんな事もあるんですね。驚きです。宇多田ヒカルに関しては、R&B市場を持っていかれたの原因でしょうか。

PHS,携帯,パソコンなどの普及により、カラオケ中心音楽(90年代)から着うたなどの手軽な音楽配信への移行。その他、娯楽の多様化など、様々な要因によるリスナー側の音楽離れ、こういった時代の流れは誰にも止められませんからね。

| mk566 | 2006/07/17 | URL | ≫ EDIT

小室哲哉が音楽マーケットをダメにしたと言うよりマーケットを大きくした為、タイアップがなく、売上げの少ないアーチストが売れなかっただけでしょう。同じコード進行で大量のヒット曲を書いただけでマーケットがだめになるんなら日本のミュージシャンは才能がないのでしょう。
宇多田ヒカルの販売戦略はFM曲の株主になってパワープレイしてもらったり、Tレコードに買い取り出荷(実体のない出荷)特別許諾CD(レンタルショップは新人アーチストのCDをCD屋で買わなければならない)で数字を上げただけで本当は大して売れてないんじゃない?宇多田のとどめを刺されたんじゃなくてPHS、携帯の普及でCDが売れなくなったんだろうと思います。買い取り出荷は今でもよく使われる方法です。

| 鉄 | 2006/06/25 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tk56.blog21.fc2.com/tb.php/91-f4a02499

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。