Judgement

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『アンフェア the answer』 9月17日(土)公開

劇場版『アンフェア』続編に佐藤浩市、山田孝之、大森南朋が新たに参戦!

>篠原涼子主演の人気ドラマの劇場版第2弾となる『アンフェア the answer』のキャストが発表され佐藤浩市、山田孝之、大森南朋が新たに本作から出演することが明らかになった。

検挙率No.1を誇る敏腕の美人刑事・雪平(篠原さん)が、「アンフェアなのは誰か」というメッセージと共に連続して起こる予告型殺人事件の犯人を追うという展開で、多くの視聴者を惹きつけたドラマ「アンフェア」。これまでに三浦春馬に瑛太、江口洋介、椎名桔平ら人気の俳優陣が演じる個性的なキャラクターが予測不可能な騙し合いを繰り広げてきたが、謎を残した前作『アンフェア the movie』から4年を経ての劇場第2弾は“雪平、最後の事件”と銘打たれ、ついに“アンフェアなるもの”の答えが明かされる――?

本作では、北の大地・紋別(北海道)で、雪平に連続殺人の容疑がかけられる。警察の内部機密が隠されていると言われるUSBの存在を巡り、元夫、同僚、上司、検察、凶悪犯罪者らが雪平に迫る。

雪平役の篠原さんはもちろん、現実主義かつ日和見主義の野心的な警視庁捜査一課長・小久保を演じる阿部サダヲ、推理大好きの鑑識員で様々な技術を駆使して雪平に協力する三上を演じる加藤雅也、現在は所轄の刑事となっている情に厚い山路役の寺島進、そして雪平の元夫でフリーのジャーナリストである佐藤役の香川照之など、おなじみの面々はもちろん、今回の映画でも続投する。

加えて、新たに登場する男たちも強力! 佐藤浩市が演じるのは、現在の雪平の上司で、北海道西紋別署のたたき上げの刑事にして捜査一課長・一条。また、山田孝之は、東京地検の若き検察官で、正義感と強い上昇志向を持つ村上を、そして大森南朋は雪平を付け狙う謎の男・結城に扮する。

北海道で2月に開始された撮影は、4月に都内でクランクアップ。現在は完成に向けての編集作業が続けられている。

冬の北海道に始まり、様々な思惑が絡み合う緊迫の逃避行の中で、雪平夏見は誰を信じ、誰に裏切られ、そして誰を裏切るのか――?

『アンフェア the answer』は9月17日(土)より全国東宝系にて公開。

アンフェア the answer 公式サイト


2011y05m19d_194751784.jpg





Sanctuary ~淋しいだけじゃない~、今のままのふたりで
篠原涼子 Lady Generation Live




青空が降る少年、GooD LucK
篠原涼子 Lady Generation Live


やっぱり涼子が好き!!伝説のLady Generation Liveは最高でした。
学校終わって速攻中野サンプラザに向かいましたからね!!(´∀`)

9月17日の公開が待ち遠しい♪
スポンサーサイト

| Judgement | | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>KAZUYAさん

ここ十数年で100を超える数々のライブやイベントに参加してきましたが、涼子のライブは上位TOP10に入るほど心に響くライブでしたよ!! 残念ながら、TKは来てくれませんでしたが・・・(>_<) その代わり、久保こーじ(and No!Galers)がサポートメンバーとして参加してくれました(´∀`)

青空が降る少年が使用されたEMITというゲームは英語学習ソフトのようですね。
ニコニコでEMITバージョン聴けちゃいます→http://www.nicovideo.jp/watch/nm7374062

TK自身も、”恋しさの大ヒットによって注目度が上がり、大変な状況になった”と語ってたことですし、小室旋風の火付け役は篠原涼子と言っても過言ではないでしょう!!

だからこそ、歌手活動を封印してしまうなんてもったいない!! いつか、復活を!!

| 管理人mk566 | 2011/05/21 | URL | ≫ EDIT

篠原涼子いいですよね!

篠原涼子声よくて好きです☆ カップリングもよくて(「愛しさとせつなさと心強さと」は絶品!)何でやめちゃったのか惜しい><

管理人さんLIVE行ったんですか。よかったですね^^ 心に響きましたか? TKも来てた?

「青空が降る少年」はぼくも大好きな曲です。アルバムもそれ目的で、でした^^; 確かゲームに使われたんですよね☆

「愛しさとせつなさと心強さと」のような激しいのもいいし、「もっともっと」のようにバラードも大好きで、彼女の曲でTKを知ったという人も多いんじゃないでしょうか(ぼくは「DEPARTURES」だけど^^;)。

また観月ありさのように復活してくれないかなぁ・・・

| KAZUYA | 2011/05/20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tk56.blog21.fc2.com/tb.php/973-2de4e982

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。